骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)のくすり
指導/山ア宏人
金沢大学附属病院血液内科


▼病気に関する基礎知識
 骨髄異形成症候群(MDS)は、鉄剤では改善しない難治性貧血の一つです。骨髄中の造血幹(ぞうけつかん)細胞に異常があるため、正常な血液細胞を造ることができなくなります。一部の患者さんでは、骨髄に芽球(がきゅう)とよばれる未熟な白血球を認めます。この芽球比率により治療法も異なります。芽球が20%を超えると急性骨髄性白血病とみなされ、抗がん剤を用いた化学療法が行われます。
病気に関する基礎知識
▼治療薬に関する解説(種類や副作用など)
 アザシチジン〔注射〕はMDSのみを対象とした抗がん剤です。治療に伴う血球減少が重大な副作用です。5番染色体長腕部(ちょうわんぶ)欠失を伴う一部のMDSにはレナリドミド〔内服〕が有効です。MDSには正式に認可された薬剤が少ないため、造血回復を期待してさまざまな薬が処方されます。蛋白同化(たんぱくどうか)ホルモン剤では男性化(ひげが生える・声が太くなる)や肝機能障害に、シクロスポリンでは高血圧や腎機能障害に注意が必要です(いずれも保険適用外)。
 MDSではしばしば輸血が必要になります。頻繁に赤血球輸血を受けると体内に鉄が蓄積され、心機能障害、肝障害、糖尿病などさまざまな臓器に障害が生じます。体内にたまった過剰な鉄をとり除くためにデフェラシロクスを服用します。服用時は消化器症状(吐き気・下痢)、発疹、腎機能障害に注意が必要です。
▼生活における留意点
 MDSの症状は、貧血、感染症に伴う発熱、出血傾向です。日頃から手洗いやうがいを励行し、感染予防に努めましょう。また、発熱や出血傾向があらわれた時は、ただちにかかりつけ医を受診しましょう。
生活における留意点


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン