市中肺炎(しちゅうはいえん)のくすり
指導/高橋佳子
兵庫医科大学病院薬剤部


▼病気に関する基礎知識
 市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺炎のことで、せき、たん、胸痛、呼吸困難などの局所症状と、発熱や全身倦怠感(けんたいかん)などの全身症状で急性に発症します。薬物療法は抗菌薬投与が中心となります。
▼市中肺炎のくすり
主な症状 肺炎の原因となっている微生物に効く抗菌薬が処方されます。肺炎球菌(はいえんきゅうきん)やインフルエンザ桿菌(かんきん)が主体で、これらにはペニシリン系やセフェム系が有効です。細菌より少し小さいマイコプラズマやクラミジアなどによる肺炎は非定型肺炎とよび、ペニシリン系やセフェム系は効かないためニューキノロン系やマクロライド系、テトラサイクリン系が処方されます。
抗菌薬の種類
▼副作用と注意点
過去に抗菌薬投与後、発疹が出たり血圧が下がったり呼吸困難になったことがある場合は、必ず申し出てください。
過去に上記のような症状がなくても、使用中に以下の症状があればすぐに申し出てください。
  気分が悪くなり息苦しいなどの症状
  発熱や発疹などのアレルギー症状
  下痢や血便が出る(抗菌薬により正常の腸内細菌叢(さいきんそう:細菌の集合体)が乱されることが原因)


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン