更年期障害のくすり
指導/吉形玲美
浜松町ハマサイトクリニック院長


▼処方される主なくすりの種類
 更年期障害に対してホルモン補充療法(HRT)は大変高い効果を示します。
 HRTには内服薬と外用薬などがあります。(表)
 子宮のあるかたには子宮体がん予防のためエストロゲン剤に加え、黄体(おうたい)ホルモン剤の併用が必要です。それら両方を含む新しいタイプのくすりも登場しました。
ホルモン補充療法のクスリ
▼服用上の注意点、副作用
 HRTを始めるにあたって、子宮体がん・乳がんのチェック、ほか脂質・肝機能などを含めた一般的な血液検査、さらにホルモンレベルや骨密度(こつみつど)の測定を行うこともあります。安心して治療を継続していくためには、これらの検査を定期的に受けることが大切です。
 HRTを始めると不正出血や乳房の張り、胃のむかつきなどが出ることがありますが、多くは治療を続けていくうちに落ち着いてきます。症状が続く場合は医師に相談しましょう。
▼日常生活における留意点
日常生活 更年期を迎え、日常生活に支障が出るような心身の変調を感じたら、がまんせず早めに専門医へ相談しましょう。自分でもストレスをためないような生活の工夫、趣味をもつ、時に自分へごほうびをあげる、といったよい刺激を与えるのもよいと思います。また悩みを話せる友人やパートナーをもつことも大切です。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン