脂質異常症のくすり
指導/須藤俊明
自治医科大学附属病院薬剤部長


▼脂質異常症の治療に用いられるくすり
 適切な食事や適度な運動を心掛けていても、血中脂質の高い状態が続くと、動脈硬化(どうみゃくこうか)、さらには心筋梗塞(しんきんこうそく)や脳梗塞(のうこうそく)へと進む危険性が高くなるので、薬による治療を行います。
 治療に用いる薬には脂質異常症のタイプによって、肝臓でコレステロールの合成を抑える薬、小腸からのコレステロール吸収を抑える薬、血清中の中性脂肪を低下させる薬などが用いられます。
脂質異常症の治療薬
スタチン 肝臓でLDLコレステロールの合成を抑制します
小腸コレステロールトランスポーター阻害薬(エゼチミブ) 小腸で胆汁性(たんじゅうせい)および食事性コレステロールの吸収を抑制します
レジン(陰イオン交換樹脂) 腸管内で胆汁酸を吸着し、腸管でのコレステロール吸収を抑制します
プロブコール コレステロールを分解して、胆汁酸として排泄(はいせつ)させることで、総コレステロールを低下させます
フィブラート系 中性脂肪の合成を抑制します
EPA製剤 主に中性脂肪を低下させます。また、血栓(けっせん)をできにくくする作用もあります
▼脂質異常症治療薬の副作用と注意点
 脂質異常症治療薬の副作用としては、発疹(ほっしん)や胃腸障害、肝機能障害などがみられることがあります。スタチンやフィブラート系ではまれにですが、重大な副作用として横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)があります。手足に力が入らない、尿が赤褐色(せっかっしょく)になった、体がだるいなどの症状が出た場合には、すみやかに医師または薬剤師に相談してください。また、プロブコールではまれに心室性不整脈がみられることがあります。特に心臓に疾患のある方や三環系抗うつ薬(さんかんけいこううつやく)を服用中の方は十分な注意が必要です。レジン(陰イオン交換樹脂)はジゴキシンやワルファリン、脂溶性ビタミンを吸着し、これら薬剤の吸収を低下させるので併用には注意が必要です。
 薬をのみ始めると薬に頼ってしまい、ついそれまで続けてきた生活習慣の改善や食事療法、運動療法をやめてしまう人がいます。食事療法、運動療法にはコレステロールの合成や処理を正しい状態に戻そうとする効果がありますから、薬をのみ始めても基本的に続けることが必要です。
脂質異常症の治療


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン