脳梗塞とは
指導/
石川 治 東京大学医学部脳神経外科
斉藤延人 東京大学医学部脳神経外科教授


▼疾患に関する基礎知識
 脳梗塞とは、脳の血管がつまることにより、その血管を通じて血液を送っていた部分の脳が死んでしまう病気です。血管がつまる場所により症状は異なりますが、主に運動麻痺(うんどうまひ)や手足のしびれ、言語障害、めまい、視力・視野障害、吐き気、意識障害などがみられます。ほとんどが突然発症しますが、なかにはゆっくり進行し認知症として現れるものもあります。発症の原因としては脳や首の血管の動脈硬化、あるいは不整脈などの心臓病が挙げられます。
▼日常生活における留意点
 脳梗塞を予防するためには、生活習慣の見直し、特に食事面の注意が重要です。まず規則正しい時間に適量の食事を摂ること、必要な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。高血圧や脂質異常症は脳梗塞の危険因子であるため、塩分や脂肪分の摂りすぎは避けましょう。
日常生活における留意点  また、適度な運動は血行をよくし、高血圧や肥満の改善、ストレスの解消に適しています。喫煙や過度のアルコール摂取を避け、脱水状態にならないよう寝る前や朝起きたときにコップ1杯のお水を飲むようにしましょう。
▼再発予防のための対策
 脳梗塞の再発予防には、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの危険因子に対する治療と、抗血栓(こうけっせん)療法(表)が行われます。抗血栓薬の副作用には出血症状があり、特に消化管出血には注意が必要です。定期的に受診するよう心がけましょう。またMRI検査などの結果、再発予防のための手術が必要となる場合もあります。



抗血栓薬 抗凝固(こうぎょうこ)薬 ワルファリン(ワーファリン)
心臓の中などで血液が固まること(血栓)を防ぎます。不整脈などの心臓病を原因とする心原性塞栓症(しんげんせいそくせんしょう)に有効です。
抗血小板(こうけっしょうばん)薬 アスピリン(バイアスピリン®、 バファリン)、チクロピジン(パナルジン®) クロピドグレル(プラビックス®)、シロスタゾール(プレタール®)など
アスピリンに代表されるくすりです。血小板の働きを抑えて血液を固まりにくくし脳の血管がつまるのを防ぎます。動脈硬化を原因とする脳梗塞に有効です。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン