肺がんのくすり
指導/堀之内秀仁
独立行政法人国立がん研究センター中央病院呼吸器腫瘍科呼吸器内科


▼肺がんとは
せき、痰、息切れ、声がれ 肺は、酸素を取り込み、体の中で発生した二酸化炭素を外にだす役割を果たしています。肺に発生するがんを「肺がん」といいます。肺がんは喫煙と深いかかわりのあることが知られていますが、非喫煙者でも発症することはあります。近年、肺がんは日本人のがんによる死亡原因のトップになり、増加傾向にあります。
▼肺がん治療に用いられるくすり
 肺がんの初回治療では、表中の「プラチナ系抗がん剤」と「第3世代抗がん剤」を併用するのが一般的です。二次治療以降では、「第3世代抗がん剤」の単剤での使用や、「分子標的治療薬」を使用するのが一般的です。
抗がん剤 プラチナ系抗がん剤 シスプラチン(ブリプラチン®、ランダ®
カルボプラチン(パラプラチン®) など
第3世代抗がん剤 ドセタキセル(タキソテール®
ペメトレキセド(アリムタ®
パクリタキセル(タキソール®
ゲムシタビン(ジェムザール®
ビノレルビン(ナベルビン®) など
分子標的治療薬
ベバシズマブ(アバスチン®
カルボプラチン+パクリタキセル療法と組み合わせるのが一般的です
ゲフィチニブ(イレッサ®
EGFR遺伝子変異がある肺がんに奏効します
エルロチニブ(タルセバ®
EGFR遺伝子変異がある肺がんに奏効します
▼日常生活上の注意
気分転換、禁煙。 肺がんと診断され、治療を受けるときには、基本的に主治医の生活指導に従ってください。自覚症状が強くなければ、規則正しい生活、適度な運動、バランスのとれた食生活、そして家族や友人との会話や趣味などによる上手な気分転換をお勧めします。体に負担がかからないようであれば、肺がんのためにライフスタイルを大きく変える必要はありません。ただし、喫煙者の方は禁煙する必要があります。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン