心房細動とは
指導/佐藤俊明
慶應義塾大学医学部循環器内科講師


▼心房細動の基礎知識
心臓 心房細動は、主に肺静脈を起源とする不整脈です。心房筋が不規則・高頻度に収縮し、心房全体が小刻みにふるえている状態です。心電図上は、P波*1が消失し基線*2は一定せず、RR間隔*3は不規則になります。心房細動に対する抗不整脈(こうふせいみゃく)薬は、レートコントロールのくすりと、リズムコントロールのくすりにわけられます。レートコントロールのくすりは心房細動中の早い心拍数をコントロールするために投与され、 β遮断薬、 Caチャネル遮断薬やジギタリスが含まれます。一方、リズムコントロールのくすりは心房細動を停止させ再発を予防するために投与され、 Na、 Kチャネル遮断薬が中心となります。


心電図の基本波形・心房細動の波形
▼抗不整脈薬による副作用
 心筋梗塞(しんきんこうそく)や慢性心不全の既往があると、Naチャネル遮断薬により致死性の不整脈が誘発されたり、心不全が増悪したりすることもあります。 Kチャネル遮断薬を投与すると、過度なQT*4延長から多形性心室頻拍(たけいせいしんしつひんぱく)とよばれる重篤な不整脈が誘発されるほか、ある種の抗菌薬や胃ぐすりなどの併用により、さらにQTが延長することも知られています。
▼レートコントロールとリズムコントロールの選択
 心房細動に対する薬物療法について、欧米でおこなわれた大規模臨床試験では、生存率や心血管イベントの合併率に関して、レートコントロールのくすりに対するリズムコントロールのくすりの優位性は示されていません。したがって、まずは比較的副作用の少ないレートコントロールのくすりを服用し、必要に応じて抗凝固薬を併用します。発作時の動悸や症状が強い場合には、循環器科専門医を受診することをおすすめします。
▼生活における注意点
節酒 抗凝固薬であるワルファリンは、納豆やクロレラなどの摂取によりその効果が減弱するため、食事には注意が必要です。また、過度のアルコール摂取後、心房細動は再発しやすくなります。
  くすりの定期的な内服とともに節酒をおすすめします。



ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン