パーキンソン病のくすり
指導/波田野 琢
順天堂大学医学部脳神経内科助教


▼パーキンソン病の基礎知識
 パーキンソン病とは、神経細胞が原因不明の細胞死を起こし脱落する、神経変性疾患のひとつです。無動(むどう)、固縮(こしゅく)、振戦(しんせん)、姿勢反射障害といった運動機能障害が特徴として挙げられます。脳内のドパミンという神経伝達物質が減少することで症状が発現するため、くすりで補充して運動機能の改善を目指す治療を行います。
▼パーキンソン病の薬物療法
 パーキンソン病の症状により日常生活に支障がある場合は、早期より治療を開始することで進行を抑制できる可能性が示されています。
 パーキンソン病の薬物療法は主にレボドパ、ドパミン受容体作動薬(ドパミンアゴニスト)を中心に行います。レボドパは脳内で代謝されドパミンとなって作用する、最も有効なくすりです。しかしながら効果が短く、吸収時に食事の影響を受けやすいことから、一日を通して血中濃度を安定に保つことが難しく、長期間投与していると運動機能の
日内変動が出てくる可能性があります。一方で、ドパミンアゴニストは血中濃度が安定し、くすりそのものがドパミン受容体に作用するため、運動機能の日内変動はレボドパに比べると少ないといわれています。
パーキンソン病の治療 ドパミンアゴニストは、心臓弁膜(しんぞうべんまく)症、肺線維(はいせんい)症、下肢のむくみ、眠気、幻覚などの副作用をまれに生じることがあります。そのため、認知機能障害などのリスクがなく比較的若い患者さんには、まずドパミンアゴニストを投与し、必要に応じてレボドパを追加投与します。それ以外にMAO-B阻害薬、アマンタジン、抗コリン薬などがあり、 症状に応じて組み合わせて治療します(図)
▼正しく内服することが重要
正しく内服することが重要 パーキンソン病のくすりは、副作用を心配して「あまり内服したくない」という声が聞かれます。しかし、治療により症状の進行は抑制できるといわれています。そのため、まずは症状改善に十分なくすりを正しく内服することが重要です。なお、パーキンソン病のくすりは、突然中止すると「悪性症候群」という副作用がでることがあります。くすりの調整が必要な場合は自己判断で行わず、必ず担当医師に相談してください。



ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン