炎症性腸疾患のくすり
指導/別府紀子
慶應義塾大学病院薬剤部


▼炎症性腸疾患とは
 炎症性腸疾患とは、腸管の免疫機能が異常に作動して慢性的な腸炎を起こす病気です。
 下痢や腹痛、下血、発熱などの症状が現れます。
▼薬物療法について
 炎症性腸疾患の薬物療法には、腸管の炎症反応を抑える抗炎症薬や、免疫反応を抑える免疫抑制薬などが使われます。剤形には、内服薬、外用薬(注腸薬、坐薬)、注射薬があり、それらは症状によって組み合わせて用いられます。また、腸の安静と栄養補給を目的に、消化や吸収のよい栄養剤を使用することもあります。
▼くすりの種類と副作用
抗炎症薬:炎症を抑えるくすりには、5-アミノサリチル酸製剤〔メサラジン(ペンタサ®)、サラゾスルファピリジン(サラゾピリン® )〕とステロイド製剤があります。5-アミノサリチル酸製剤は、腸管に運ばれて効果を発揮するくすりです。副作用には腹痛、吐き気、下痢などの消化器症状や、発疹、かゆみなどのアレルギー症状があります。ステロイド製剤は症状が強い場合に使用し、発熱、腹痛などを速やかに緩和する効果をもっています。使用量や使用期間によっては副作用への対策が必要となります。ペンタサ® とステロイド製剤には内服薬と注腸薬があり、直腸の炎症には注腸薬が効果的です。
免疫抑制薬:タクロリムス(プログラフ®)は血中濃度を測定し、投与量を調節する内服薬です。使用中は感染予防が大切なので、手洗いやうがいを忘れないようにしましょう。
抗TNFα抗体:インフリキシマブ(レミケード®)は、TNFαとよばれる炎症を起こす物質の働きを抑えたり、TNFαをつくる細胞を壊す注射薬です。副作用としては投与時反応(発熱、頭痛など)や、遅発性過敏症(発熱や発疹、筋肉痛など)があります。
▼使用するときの注意
  ペンタサ®は成分が腸で溶け出すように工夫された錠剤です。
錠剤の中の粒子をつぶさなければ2つに割って服用できますが、噛んだり砕いたりして服用してはいけません。また、コーティング剤が便の中に白い異物として排泄されることがありますが、問題はありません。
注腸薬は薬液を目的の部位に到達させるため、お尻からの注入後は医師の指示のもとに体位変換を行うことが大切です。
ペンタサ(R)
体位変換の例
注腸液を目的の部位に到達させるための体位変換
●十分な治療効果を得るためには、注入した注腸液をできるだけ長い時間大腸に保持しておくことが大切です。
●注腸液を全量入れるとすぐに排泄してしまう場合は、無理せず注入できる液量から開始してください。次第に全量が注入できるようになります。



ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン