胃食道逆流症のくすり
指導/木津純子
慶應義塾大学薬学部教授


▼処方される主なくすりの種類
処方される主なくすりの種類胃酸の分泌を抑えるくすり
 プロトンポンプ阻害薬(PPI)やH2ブロッカー(H2RA)があります。胃酸の分泌を抑えて症状を改善すると共に、逆流が起こったときに食道が傷つくのを防ぎます。PPIの方が効果は強力で、1日1回の服用で1日中効果が持続します。
胃の運動を調節するくすり
 食道や胃のぜん動運動を促して、食物が十二指腸へ排出を促進すると共に、逆流を予防します。また、逆流した胃酸を胃へ押し戻す働きもします。胃酸分泌を抑えるくすりとの併用が効果的です。
食道や胃の粘膜を保護するくすり
 食道や胃の粘膜に付着して胃酸から粘膜を保護します。このほか、胃酸を中和するくすり(制酸薬)が用いられることもあります。

▼服用上の注意点・副作用
 胸やけなどの症状がなくなったからといって急にくすりの服用をやめてしまうと、症状が再発・悪化する原因になりますので、医師の指示通りきちんと服用しましょう。
 下痢や軟便、便秘、頭痛、発疹やかゆみなどの過敏症状がでることがあります。飲み合わせが悪いくすりがありますので、医師や薬剤師に相談しましょう。

▼日常生活での指導
 日常生活の改善だけでも症状が軽くなることがありますので以下のことを心掛けてください。
(1)食べ過ぎや脂っこい食事、アルコールやタバコなどは胃酸の分泌が増える原因となります。
 できるだけ控えましょう。
(2)おなかを圧迫するような姿勢や服装、肥満、便秘は胃酸が逆流しやすくなります。
 日ごろから注意しましょう。



ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン