胃食道逆流症とは
指導/木津純子
慶應義塾大学薬学部教授


▼疾患に関する基礎知識
 胃食道逆流症(GERD)は、胃液や胃の内容物が食道へ逆流することで生じる食道の粘膜傷害です。胸やけや喉の違和感、咳が続くなどの症状が現れます。食道と胃の境目にある逆流を防ぐ括約筋の機能低下や、胃酸分泌の増加、腹圧の上昇など、さまざまな原因で起こるといわれています。日本でも食生活の変化、高齢化の影響で年々患者さんが増えています。

▼食事・運動など生活上の留意点
食事:食べ過ぎ、飲み過ぎに注意しましょう。特に、脂肪分の多い食事やチョコレート、コーヒー、炭酸飲料、アルコール(特にビール)、タバコなどは控えましょう。また、就寝前の食事を避けると共に、食後すぐに横にならないようにしてください。
姿勢:おなかを締めつけるような服装や前かがみの姿勢、重いものを持つなど、腹圧が高くなるような姿勢を続けると胃酸が逆流しやすくなります。肥満や便秘も腹圧を上げる原因です。また、就寝時には逆流を予防するために、上体を少し起こした姿勢で寝るとよいでしょう。

▼再発・予防対策
 日常生活において、適切な食事を規則正しく摂ると共に姿勢に留意することが大切です。また、胃食道逆流症は薬で症状が治まっても、服用をやめてしまうと再発する可能性が高い疾患です。症状が良くなったからといって、自己判断で薬を飲むのをやめないでください。医師の指示通りにきちんと服用を続けましょう。

再発・予防対策



ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン