禁煙治療とは
指導/
萩谷政明 帝京大学ちば総合医療センター 第三内科 准教授


▼喫煙に関する基礎知識
 喫煙が体に悪い影響を与えることは多くの方に知られています。タバコの煙には4,000種類以上の化学物質が含まれ、このなかにはニコチン、タール、一酸化喫煙に関する基礎知識炭素など200種類を超える有害物質、さらには発がん性のあるものも多数あるといわれています。脳卒中、心筋梗塞、肺気腫、糖尿病、骨粗鬆症など、さまざまな疾患の原因となり、また肺がん、喉頭がんなど多くのがんのリスクになるともいわれています。
 現在、喫煙はニコチン依存症という薬物依存の病気と考えられています。
▼治療に関する解説
 自分自身で禁煙ができれば良いのですが、なかなかできないのも事実です。その場合に禁煙外来で治療する方法があります。ニコチン依存症と判断されれば、保険適用で治療できます。禁煙補助薬としてニコチンガム、ニコチンパッチ、バレニクリン(チャンピックス®錠)があり、処方薬としては、後2者が用いられます。禁煙時、ニコチンガムは口腔粘膜から、ニコチンパッチは皮膚からニコチンを補い、禁断症状を抑え、吸いたい欲求を軽減させます。バレニクリンはのみ薬で、ニコチン受容体に結合し、ニコチンが受容体へ結合できないようにすることで、喫煙時の快感をなくし、おいしく感じないようにします。
▼生活における留意点、再発予防のための対策
生活における留意点、再発予防のための対策 日常のストレスを減らす工夫をしたり、気分転換を図ったりする必要があります。禁煙の成功を阻むような宴会への参加を控えることも場合によっては必要です。口寂しくなったら、冷たい水を飲んだり氷をなめたり、うがいや歯磨きをしたりすると吸いたい気持ちを和らげることができます。タバコの害について理解し、その都度、思い出すことも必要です。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン