花粉症について
指導/太田伸男
山形大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科講師


▼処方される主なくすりの種類
抗アレルギー薬:症状の発現を抑えるのに効果があります。花粉症では花粉飛散前でも軽い症状が出始めたら使用し、季節中ずっと継続します。
抗ヒスタミン薬:比較的早く効果が現れますが、眠気が起こることがあり、症状がひどい場合の対症療法薬として処方されます。
局所ステロイド薬:抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬で症状がコントロールできない場合に使用します。
血管収縮薬(点鼻薬・スプレー):鼻づまりの特にひどい場合に使用します。

▼服薬上の注意点、副作用
 鼻炎を抑える薬では、のどが乾いたり、眠くなったり、おしっこが減ることがあります。薬の効果や副作用の強さはそれぞれ個人によって違うため、症状や自分に最も適した薬を処方してもらうことが大切です。また、本格シーズンの開始前から薬を使用すると効果的です。

▼日常生活での注意点
栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠をとりましょう。
花粉を避けることが大切です
   花粉情報に注意して飛散の多いときは外出を控え、窓や戸は閉めて室内への花粉の侵入を防ぎましょう。また、布団や洗濯物は、なるべく外に干さないようにしましょう。
マスク・メガネ・帽子などを着用しましょう
   外出時にはマスクやメガネで花粉の侵入を防ぎましょう。また、髪をまとめて帽子をかぶったり、花粉が付きにくい素材の衣服(綿、化繊)を着用しましょう。
うがいや洗顔
   帰宅したら外出中に付いた花粉を戸外で払い落とし、うがいや洗顔をして、鼻をかみましょう。

Back


制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン