片頭痛(へんずつう)とは
指導/
岩下達雄 稲城市立病院脳神経内科 部長/岩下医院


▼片頭痛に関する基礎知識
 「頭痛もちの頭痛」の代表で、片側が脈打つように痛む人が多数派ですが、両側や脈打つ以外の痛み方の人もいます。痛みの最中には、「暗い静かな所でじっとしていたい」と感じるのが特徴です。片頭痛に関する基礎知識片頭痛発作では、脳表面の血管が収縮した後に拡張し、血管壁からさまざまな物質がしみ出して脳深部に伝達され、痛みやその他の症状を引き起こします。
▼片頭痛の治療薬
 片頭痛発作の最中に頭のなかで起こっている変化が自然におさまるまで痛みを感じにくくさせるのが鎮痛薬、起こっている変化をその場で元に戻すのがトリプタン製剤です。どちらを使うかは発作の頻度と程度で判断し、発作が月2回以上起こる場合や鎮痛薬で頭痛が消えない人には、トリプタン製剤がお勧めです。服用タイミング鎮痛薬を使い過ぎると片頭痛発作が起こりやすくなり、さらに鎮痛薬による頭痛が上乗せされることがあるので注意が必要です。片頭痛予防薬を毎日飲むことで徐々に発作の回数を減らす治療(予防療法)を並行して行う場合もあります。
▼薬物以外の治療と生活上の注意点
頭痛ダイアリー 頭痛体操、鍼治療などの効果が知られています。自分自身の片頭痛発作のパターンや誘因(生理・緊張やストレスからの解放・気圧の低下・睡眠不足・寝過ぎ・ポリフェノールなど)を知るために「頭痛ダイアリー」をつけてみることもお勧めです(日本頭痛学会ホームページから入手可能)。いくつかの誘因が重なると片頭痛発作が起こります。ひとつでも避けることができると発作は起こりにくくなります。ダイアリーで誘因を発見し上手に避けましょう。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン