逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは
指導/
小出恵未 城西国際大学薬学部医療薬学科
堀江俊治 城西国際大学薬学部医療薬学科 教授


▼病気に関する基礎知識
病気に関する基礎知識 通常、胃と食道の境界にある噴門(ふんもん)は閉じているため、胃酸は逆流しませんが、逆流性食道炎では高脂肪食の摂りすぎ、腹圧(ふくあつ)の上昇などさまざまな原因により、噴門が開きやすくなるため、頻回に胃内容物の逆流が起きます。そして、胸やけや胸痛(きょうつう)、呑酸(どんさん)、喉の違和感などの症状が引き起こされます。内視鏡検査をしてみると、食道にただれや潰瘍などの粘膜傷害がみられる場合(逆流性食道炎)と、そうでない場合(非びらん性胃食道逆流症)があり、これらをまとめて胃食道逆流症といいます。粘膜傷害がある場合は、胸やけ症状を「ムカムカする」と訴える方が多いのに対し、粘膜傷害がない場合は「胃が痛い」と表現する方が多く、胸やけ症状の表現は人によって大きく異なります。
 治療の第一選択は胃酸分泌を抑える薬による治療です。食道炎はすぐに治るものではないので、症状がなくなっても、薬を正しく服用し続けることが大切です。

※呑酸:胃から口へと液体が上がってきて酸味や苦味を感じる症状。
▼日常生活で控えたほうがよいこと
 お腹を締めつける服装、前屈姿勢、高脂肪食、早食い、アルコール・コーヒー・緑茶・香辛料などの過度の摂取は、症状を悪化させるおそれがあるので控えましょう。
▼食事における留意点
食事における留意点 ご飯の量は腹八分目までとし、よく噛むことが大切です。また、食後は胃酸が活発に分泌されているので、すぐに横にならず、身体を起こしておきましょう。
▼再発予防のための対策
 再発することがとても多い疾患です。引き続き、主に食事の内容や量に配慮した生活を送りましょう。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン