帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは
指導/本田まりこ
まりこの皮フ科 院長


▼病気に対する基礎知識
 帯状疱疹は水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルス(varicella-zoster virus:VZV)感染によって、主に体の片側の皮膚や粘膜に神経痛様疼痛を伴う水疱(すいほう)性病変または潰瘍(かいよう)性病変を形成する疾患で、皮膚疾患であるとともに神経にも炎症が起こる神経疾患でもあります。初めて感染すると水痘(水ぼうそう)になり、その後、感覚神経の根本に一生涯遺伝子の形で潜みます。VZVに対する免疫力が下がると帯状疱疹になります。VZVの免疫力は、加齢、糖尿病、悪性腫瘍、アトピー疾患罹患、透析などで低下し、水痘患者に接することで上昇します。宮崎県での大規模疫学調査によると、帯状疱疹は年々増加傾向にあり、特に60歳以上の女性に多く、病気に対する基礎知識80歳までに3人に1人が罹患(りかん)すると報告されています。比較的高齢者に多い疾患であることから、今後高齢化が進むと同時に、水痘ワクチンの定期接種化により、水痘罹患が減少し、ウイルスのブースター効果(追加免疫効果)が得られず、帯状疱疹はさらに増加するものと考えられます。
▼治療に関する薬の解説
治療に関する薬の解説 帯状疱疹の抗ウイルス薬にはアシクロビル、バラシクロビル、ビダラビン、ファムシクロビル、アメナメビルがありますが、これらの薬剤はウイルスの増殖を抑えるもので、ウイルスを殺すものではありません。したがって発症後、できるだけ早期(3日以内)に使用することが原則です。アメナメビル以外は主に腎臓から薬剤が排泄されます。高齢者や腎障害患者では、抗ウイルス薬の量を腎機能に応じて減量します。併用禁忌(へいようきんき)や併用注意薬もあります。医療機関に受診する場合は、健康診断の結果やお薬手帳を持って行きましょう。また、抗ウイルス薬の妊婦への安全性は、アシクロビルで確立しています。外用は、初期の浮腫期では非ステロイド性抗炎症薬外用薬、水疱期・膿疱(のうほう)期・びらん期のものは抗菌薬外用薬、潰瘍期では潰瘍治療薬を使用します。
▼食事・運動などの生活における留意点
 食事の制限はありません。ただし、アルコールは禁止です。激しい運動も禁止です。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン