治療抵抗性(ちりょうていこうせい)高コレステロール血症とは
指導/塚本和久
帝京大学医学部内科学講座 教授


▼病気に関する基礎知識
 治療抵抗性高コレステロール血症とは、一般に使われているコレステロールの薬を最大限に内服しても、コレステロール値が十分に下がらない「家族性高コレステロール血症(FH)」を指します。FHは悪玉コレステロール(LDL)を細胞に取り込むタンパク質やそれに関連するタンパク質の異常により起こる病気で、ヘテロ接合体と、より重症のホモ接合体があります。ホモ接合体の方は治療抵抗性ですが、ヘテロ接合体の方の中には一般的なコレステロールの薬でも目標値を達成できる方もいます。 家族性高コレステロール血症の遺伝子を持つ例
▼治療に関する薬の解説
 治療抵抗性の場合は、内服薬に加えて、2〜4週間に1回注射するPCSK9阻害薬を使います。副作用はそれほど多くはありませんが気になることがあれば担当医あるいは医療スタッフにご相談ください。ヘテロ接合体のほとんどの方はPCSK9阻害薬でコレステロールの目標値は達成できますが、ホモ接合体の方では不十分な場合が多く、その場合はロミタピド(ジャクスタピッド®)という内服薬を使ったり、LDLアフェレシスという強制的に血液からLDLを取り除く治療を行います。ロミタピドは脂肪便や脂肪肝といった副作用が出やすいので、食事や症状に十分に注意してください。
▼食事・運動などにおける留意点
 エネルギー摂取制限、飽和脂肪酸・コレステロール制限、肥満対策などが必要です。医師より運動を許可されている方は、積極的に運動をしましょう。
▼再発・予防のための対策
再発・予防のための対策 薬を中断すると、コレステロール値は再び高くなり、心筋梗塞などの動脈硬化のリスクが上がります。きちんと通院を続け、コレステロール値や副作用をモニターしましょう。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン