潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)のくすり
指導/櫻庭彰人
杏林大学医学部第三内科学 助教


▼病気に関する基礎知識
大腸に炎症が起き腹痛や頻回の下痢、血便などの症状 潰瘍性大腸炎は炎症性腸疾患と呼ばれる慢性の病気で、大腸に炎症が起き腹痛や頻回(ひんかい)の下痢、血便などの症状がみられます。症状がある状態を活動期、治療により症状が治まった状態を寛解(かんかい)期と言いますが、活動期と寛解期を繰り返すことがこの病気の特徴です。治療によりいったん寛解期に入っても、再び大腸に炎症が生じる(再燃)ことから、再燃を予防するために治療を続けます。活動期には入院治療が必要な場合もあります。重症の場合や薬物治療が効かない場合は外科的手術(大腸全摘術)が行われます。
▼治療に関する薬の解説
 薬物療法としては、5-ASA製剤(メサラジン、サラゾスルファピリジン)が基本薬となり、炎症が強い場合には、ステロイドが用いられます。免疫調節薬(免疫を抑制するアザチオプリン、タクロリムスなど)、生物学的製剤である抗TNFα抗体製剤(インフリキシマブ、アダリムマブ、ゴリムマブ)、抗菌薬などが用いられることもあります。寛解を維持するための治療と、再燃したときに寛解へ導くための治療で薬を使い分けます。
▼食事・運動などの生活における留意点
脂肪分、刺激のある香辛料は極力控えましょう。 寛解期には特に制限する必要はありませんが、過労やストレスで再燃することがあるので無理をしないようにしましょう。活動期には、不溶性(ふようせい)食物繊維を控えめに、脂肪分、刺激のある香辛料は極力控えましょう。
▼再燃予防のための対策
 寛解期においても薬を飲み忘れると、再燃する可能性が高まります。きちんと内服を続け、定期的な診察を必ず受けてください。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン