慢性咳嗽(まんせいがいそう)のくすり
指導/小川晴彦
石川県済生会金沢病院 内科診療部長


▼病気に関する基礎知識
病気に関する基礎知識 風邪はウイルス感染ですから、発熱、鼻水、咽頭痛(いんとうつう)などの症状を伴います。咳(せき)だけが長引く場合(慢性咳嗽)は、風邪ではないかもしれません。痰(たん)の出る咳には副鼻腔(ふくびくう)気管支症候群があり、痰の出ない咳にはアトピー咳、咳喘息(せきぜんそく)、喘息などのアレルギーの咳があります。医師の指示通り薬を継続してください。
▼治療に関する薬の解説(種類や副作用)
 マクロライド系の抗生物質は、痰が出る咳に有効です。少量を長期にわたって服用します。舌が黒くなることがあります。治療に関する薬の解説(種類や副作用)抗アレルギー薬は、喉(のど)がイガイガする咳や透明な鼻水を伴う咳に有効ですが、味覚障害や眠気の出る薬もあります。また妊娠中は服用できません。気管支拡張薬では、動悸がしたり手が震えたりすることもあるので、調整してもらいましょう。
 吸入薬は指示された吸入回数を守ってください。吸入薬の種類によって吸入方法が異なります。不適切な吸入方法や使用すべき補助器を用いないと薬の効果が発揮されません。吸入手技を確認するツールもありますので薬剤師さんにご相談ください。
▼生活における留意点
 咳症状が消失したときに、薬を中止してよいか必ず医師に確認しましょう。たばこは、気道粘膜を傷めるので長引く咳には大敵です。
▼再発予防のための対策
再発予防のための対策 長引く咳も、風邪がきっかけになることが多いようです。体調管理に留意し、外出した後は、よく手洗いやうがいをしてください。また、枕や寝具は清潔になっていますか? エアコンのフィルターは定期的に掃除されていますか? 清潔な居住空間を目指しましょう。


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン