治療抵抗性高血圧(ちりょうていこうせいこうけつあつ)のくすり
指導/脇野 修
慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科 准教授


▼病気に関する基礎知識
表1 治療抵抗性高血圧とは、生活習慣の修正を行った上で、適切な用量の3種類の降圧薬を投与しても目標血圧まで下がらない状態をいいます。適切な3種類とは@カルシウム拮抗薬AACE 阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)B利尿薬のことが多いです。本邦の調査で、糖尿病合併高血圧の降圧目標130/80mmHg未満が達成されていた割合は11% に過ぎなかったことが報告されており、治療抵抗性高血圧の頻度は少なくないと考えられています。治療抵抗性高血圧の原因は多岐にわたります(表1)。
▼治療に関する薬の説明
 治療抵抗性高血圧において治療薬に関する留意点は、まず『きちんと降圧薬を服用しているか』です。医師の説明不足で患者が降圧治療を真摯に受け止めていないことや、副作用が出現して勝手に服薬を中止していることも多いです。お薬を追加する場合はアルドステロン拮抗薬、あるいは交感神経抑制薬であるβ遮断薬やαβ遮断薬、α遮断薬の追加を考えます。アルドステロン拮抗薬では高カリウム血症に注意します。β遮断薬は気管支喘息やU度以上の房室ブロック、レイノー症状等に対しては禁忌で、慢性閉塞性肺疾患では慎重投与となっています。α遮断薬では起立性低血圧に注意します。それでもコントロールできない場合には、@中枢性交感神経抑制薬A血管拡張薬Bジヒドロピリジン系と非ジヒドロピリジン系のカルシウム拮抗薬の併用CARB、ACE阻害薬、レニン阻害薬のうちの2剤の併用Dサイアザイド系利尿薬とループ利尿薬の併用のいずれかが検討されます(表2)。
表2


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン