前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)とは
指導/松島 常
東京警察病院 泌尿器科


▼前立腺肥大症とは
 前立腺は骨盤底にある尿道を取り囲む男性特有の器官です。前立腺肥大症は、前立腺移行域の細胞が増殖して過形成結節を形成し、排尿障害〔排尿困難・頻尿(ひんにょう)・尿意切迫感(にょういせっぱくかん)など〕をもたらす病気です。
▼診断は
 国際前立腺症状スコア(IPSS)、尿流測定、残尿測定、前立腺超音波検査、直腸診などから前立腺肥大症による排尿障害かどうかを診断します。また、PSA血液検査で前立腺癌の疑いがあるかを調べます。
▼治療薬は
 治療の第一選択薬剤はα1ブロッカーです。タムスロシン(ハルナール®)、シロドシン(ユリーフ®)、ナフトピジル(フリバス®)が代表的薬剤です。前立腺平滑筋(ぜんりつせんへいかつきん)を弛緩することで排尿症状が改善します。前立腺が大きい症例では、α1ブロッカーだけでは十分な効果が得られない場合があります。5α還元酵素阻害薬であるデュタステリド(アボルブ®)は前立腺を縮小して排尿症状を改善します。また、PDE5阻害薬(ザルティア®)はcGMP(情報伝達物質の一種)の分解を阻害して血行改善、平滑筋弛緩により排尿症状を改善する効果があります。
▼手術が必要なケース
 薬物療法で十分な効果が得られない場合のほか、尿閉(にょうへい)、血尿、膀胱結石、腎機能低下などの合併症をきたす例では、内視鏡手術が行われます。尿道から内視鏡を挿入し、電気メスやレーザーで大きくなった過形成結節を除去します。
▼生活上の注意点
便通を整えましょう・過度の飲酒は控えましょう便通を整えましょう
過度の飲酒は控えましょう
からい食べ物は控えましょう
適度な運動をしましょう
風邪薬や向精神薬の服用は慎重に

風邪薬や向精神薬の服用は慎重に・適度な運動をしましょう・からい食べ物は控えましょう


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン