糖尿病(とうにょうびょう)と脳梗塞(のうこうそく)・心筋梗塞(しんきんこうそく)のくすり
指導/浅原哲子
国立病院機構 京都医療センター
臨床研究センター 糖尿病研究部 臨床代謝栄養研究室長


▼病気に関する基礎知識
 糖尿病とは血糖値が正常より高くなる病気です。糖尿病では、脳の血管がつまる脳梗塞や心臓の筋肉へ血液を送る動脈がつまる心筋梗塞のリスクが2〜4倍高まるといわれています。これらの動脈硬化症では、動脈がつまる原因として血管の中にプラークとよばれるふくらみ〔瘤(こぶ)〕ができ、このプラークは酸化されたリポ蛋白が血管壁に入り込むことで成長します。糖尿病では、このリポ蛋白の酸化が促進され、動脈硬化が起こりやすくなります。
▼治療に関する薬の解説
 糖尿病では、糖尿病でない人より心筋梗塞や脳梗塞の発症が2〜4倍増加します。これは、糖尿病では高血糖に加え、高インスリン血症やインスリン抵抗性による高血圧、過食による脂質代謝異常も進み、動脈硬化が進展しやすいからです。よって、心筋梗塞や脳梗塞の予防には、早期からの血糖値の管理のみならず、血圧・脂質代謝も含めた包括的なコントロールが重要となります。まずは、食事療法、運動療法や禁煙などの生活習慣改善が重要です。それでも食前または食後の血糖が高い場合は、表にある経口糖尿病薬によって厳格な血糖コントロールを行うことが動脈硬化予防、ひいては心筋梗塞・脳梗塞予防につながります。

肥満・糖尿病から心筋梗塞・脳梗塞が発症
糖尿病治療薬の特徴


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン