乳幼児気管支喘息のくすり
指導/赤澤 晃
国立成育医療センター総合診療部小児期診療科医長


▼継続的治療が大切です
 気管支喘息は、気管支に起こった慢性的な炎症によって気管支が過敏になっています。喘息発作が治まってもこの炎症が残っていると再び発作を起こしやすい状態が続きます。完全に治まるまで継続的治療が必要ですので医師の指示があるまできちんと続けることが大切です。

▼治療薬の選択
 気管支喘息の治療薬は、表にあるように発作の頻度と現在の治療薬の有無で決まります。
 軽症持続型の場合、2歳未満ではまず、ロイコトリエン受容体拮抗薬(オノン®ドライシロップ)が、2歳以上ではロイコトリエン受容体拮抗薬または吸入ステロイド薬(パルミコート®吸入液、フルタイド®エアー、キュバール™エアゾール)が適応です。
 中等症持続型、重症持続型では、吸入ステロイド薬を第一に使用します。
乳幼児では、ネブライザーを使用するパルミコート®吸入液と吸入器具を使用するフルタイド®エアー、キュバール™で治療をしますが、手技の簡単なネブライザーによる吸入液が効率的です。
ぜいぜい、ヒューヒュー(喘息発作)の頻度
月に1回以上
週に1回以上
毎日
現在の
治療の
有無
なし
軽症持続型
中等症持続型
重症持続型
あり
中等症持続型
重症持続型
重症持続型

▼ネブライザーによる吸入ステロイド薬吸入
 吸入のためのネブライザーが必要ですが、最近は価格面で手頃な製品やレンタルの製品があります。また、吸入ステロイド薬の定時の吸入だけでなく、喘息発作時の気管支拡張薬の吸入もできるので家庭での一次的対応ができます。かかりつけの医師に相談してお薬と使用方法を決めてください。ネブライザーによる吸入は、難しい手技は必要なく、普通の呼吸で吸入すればよいのですが多少時間がかかるので子どもを飽きさせないようにするためのテクニックも必要です。具体的な吸入方法を指導しているビデオテープやホームページがあるのでご利用ください。子どもにとっても吸入することで「咳が止まる」「苦しくなくなる」「外で遊べる」などのメリットが理解できるように話しかけること、吸入することを誉めてあげる、好きなテレビ番組が見られるなどのメリットをあげる工夫をするとよいでしょう。継続することが大切で、それによって発作回数、医療機関の受診回数、夜間睡眠障害の回数を減らすことができるでしょう。



制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン