糖尿病は早期発見・早期治療が鍵
 
 
監修/伊藤 裕
慶應義塾大学医学部内科 教授


糖尿病は早期発見・早期治療、そして治療の継続が大切です
  空腹時血糖で「糖尿病」と診断される前に、何年にもわたり食後の血糖値だけが異常に高い、「食後高血糖」の時期があることが明らかにされています。
 
  
  糖尿病の治療は、薬物療法を始める前に、まず生活習慣の見直しを行います。そして「食事療法」を開始し、また「運動療法」とのコンビで血糖値の改善をはかります。
 糖尿病は、食後の血糖値だけに異常のある早い時期から食事療法と運動療法を開始し、良好な血糖コントロールを維持することにより、病気の進展を防げます。そして、合併症を起こすことなく、健常な場合とほぼ同様の生活を生涯にわたり営むことも可能です。


空腹時と食後の糖の供給の違い
  食後高血糖だけが認められる時期は、糖尿病の早期状態と考えられます。食後高血糖の成り立ちを考える上で、食後と空腹時における糖の供給の違いを知っておく必要があります。
 
 
空腹時
 
 肝臓は糖を合成して血液中に放出し、一定の血糖値を維持することで生命活動のエネルギーを供給しています。
 
食後
 
 食事中の糖質(炭水化物)は小腸で消化・吸収されて門脈という血管から肝臓に入り、その約3分の1は肝臓に取り込まれ、残りの3分の2が肝臓を通過して血液中に入ります。
  
 体に必要な糖の供給源として、食事由来の糖と肝臓で合成される糖の2つがあります。2つの糖の出納係をしているのが、血糖を調節するホルモンの「インスリン」です。


食後高血糖だけの時期は食事療法・運動療法の効果が表れやすい
 
 食後、吸収された糖が門脈に入ると、膵臓から瞬時にインスリンの追加分泌が起こり、肝臓は糖の放出を抑え、逆に糖の取り込みを促進するようにその働きが切り替わります。
 一方、食べ過ぎや運動不足でカロリー摂取過剰になるとエネルギーバランスがくずれ、肥満に伴い脂肪細胞の大きさか、数が超え、また肝細胞や骨格筋で中性脂肪の過剰な蓄積が起こり、インスリンの作用が低下する「インスリン抵抗性」の状態になってしまいます。
 肝臓にインスリン抵抗性があると、食後、肝臓に糖が流入しても、肝臓への糖の取り込みはうまくいかず、また肝臓から糖の放出量も減らないので、血液中に流れ込む糖の量は増える一方になってしまいます。
 そこに糖を利用する側の骨格筋にもインスリン抵抗性が存在すると、糖がうまく骨格筋に取り込まれず、食後、急激に上昇した血糖値がなかなか下がらない状態に陥ります。これが「食後高血糖」です。
 この状態が長期間続くと、膵臓はインスリン分泌をさらに増やして血液中の糖の取り込みを促しますが、その結果、膵臓にかかる負担が限度を超えると、インスリン分泌機能が急激に衰え、空腹時血糖値も上昇して、例えば健康診断などで空腹時血糖を測ったときに『糖尿病』と診断されることになります。
 しかし、膵臓の働きが低下しないうちに、食後高血糖に始まる悪循環を改善する治療が行われれば糖尿病の進展を防ぐことができます。
 
  また、食後高血糖だけがみられる段階で、食事療法・運動療法を行うと肝細胞と筋肉の細胞に蓄積した中性脂肪を減らす高い効果が得られ、肝臓の糖の取り込みと糖の放出バランスが改善されることがわかってきました。


食後高血糖を調べる方法
  正確な血糖値を調べるにはブドウ糖負荷試験(OGTT)を行う必要がありますが、健康診断の結果からもある程度、食後高血糖の可能性を推測することができます。
 
 
1)空腹時血糖値が126mg/dL未満でもHbA1c(ヘモグロビン エーワンシー:「健康診断−結果でわかる糖尿病リスク」参照)が5.8%を超えている場合
2)HbA1cが正常でも、空腹時血糖値が100mg/dL以上の場合
2項目のいずれかに該当する場合、OGTTを受けるか、かかりつけ医に相談して食後1〜2時間の採血で血糖値を調べてもらうという方法があります。


食事療法と運動療法
  食事療法も運動療法もインスリンの分泌を促して、血糖値を直接下げるわけではありませんが、糖の過剰な供給を正し、消費を上げることで血糖コントロールを行います。
 まず、自分の標準体重を知り、肥満であれば減量してください。このとき無理をせず、時間をかけて減量することが大切です。少しの体重減少でも血糖値の改善には有効ですし、少なくとも今より体重を増やすことのないように注意してください。
  
標準体重の計算法
標準体重=身長(m)×身長(m)×22
 
 食事療法
 食事療法では、1日の適正なエネルギー摂取量を知っておくことが重要です。適正エネルギー摂取量は、仕事の活動量によって違ってきます。
「1日の適正エネルギー摂取量」=標準体重(kg)×活動量(kcal)
  
活動量の目安
軽労働:25〜30kcalいわゆるデスクワークや、育児のない専業主婦など
中労働:30〜35kcal製造・加工・販売・サービス業、自営業者、育児中の主婦など
重労働:35〜40kcal建設業、農業、林業、水産業などいわゆる肉体労働
  
食事療法のポイント
 基本は、バランスのよい食事を腹七分目、「継続は力なり」を心がけましょう。

標準体重になるまでは、1日の適正エネルギー摂取量以下のエネルギーに食事を抑えます。
標準体重に達したら、1日の適正エネルギー摂取量を超えないような食事にしましょう。
1日3回決まった時間に食事をし、1回の食事をできるだけ同じ量にして、食物繊維の多い食品をとります。
厳密な食事療法は、1人1人に合わせた専門家の指導に従ってください。
 
  
運動療法
 運動には、散歩やジョキング、サイクリングなどの酸素の消費が上がる『有酸素運動』と筋力トレーニングなどのように酸素をあまり消費しない「無酸素運動」があります。血糖コントロールには『有酸素運動』が効果的です。
  
運動量と運動時間 
 運動の効果は、通常72時間で消えてしまうといわれます。少なくとも3日に1回、週2回以上継続しないと運動療法の効果が発揮できません。1回の運動量は30分〜1時間とします。
 運動を開始する最適なタイミングは、食事をしてから1時間後がよいとされます。この理由は、血糖値の上昇に合わせて血糖を消費することで食事からの糖の影響を抑えることができるからです。
  
運動の種類と強さ
 運動は、負担にならずに長く続けられる種類を選ぶことがポイントです。ハードな運動はかえってマイナスになります。運動をすると脈拍が速くなりますが、運動後の脈拍が1分間に100〜110程度まで上昇するような運動がよいとされます。
 
運動量80kcal(ご飯軽く1杯分)を消費する時間運動の種類
非常に少ない30分ゆっくりした散歩、炊事、買い物、洗濯、掃除
少ない20分歩行、階段、雑巾がけ、ラジオ体操、平地のサイクリング、入浴
中程度10分ジョギング、階段上り、坂道のサイクリング、バレーボール、スケート
多い5分バスケットボール、ラグビー、縄跳び、水泳
  
運動療法の注意
 網膜症や心臓病などの病気がある場合は運動療法が悪影響を及ぼすことがあります。
 運動療法を行ってよいかどうか、または、どの程度の運動量が適しているかといったことは医師に相談してください。


制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:三和化学研究所

>> ご利用規約
Copyrights (C) 2006-2007 SANWA KAGAKU KENKYUSHO CO.LTD All rights reserved.