1型糖尿病のくすり
指導/
田原たづ 朝日生命成人病研究所 糖尿病内科


▼1型糖尿病とは
1型糖尿病とは 糖尿病は血糖値が高くなる病気で、適切に治療をしないとさまざまな合併症が起こります。1型糖尿病は血糖値を下げる働きをするインスリンというホルモンが膵臓で作られなくなるのが特徴です。1型糖尿病は2型糖尿病とは違い、食べすぎや運動不足、肥満などは病気の発症と関係していません。遺伝に主な原因があって起こるものでもありません。膵臓からインスリンがほとんど分泌されていないことが多いので、インスリン注射は欠かせません。
▼薬の解説
薬の解説 治療は、不足しているインスリンを補い血糖値を正常に近づけるようにします。使用するインスリン製剤は効果の持続時間の違いなど多種多様なものがあります。補充方法はペン型のインスリン注入器を使うことが多く、注射は自分で行います。よい血糖コントロールのために、通常は2種類のインスリンを使い分けて注射します。例えば効果の持続時間が短いインスリンは食事に合わせて注射し、長時間効果が続くインスリンは1日1回注射します。ただし、年齢や生活スタイルによって適切なインスリンの注射方法や量は異なるので、患者さんごとに設定を行います。
▼食事・運動など生活の留意点
 血糖値は食事の量や運動の程度によって変動します。食事量が極端に少なかったり運動量が多かったりすると血糖値が低くなってしまうことがあります。生活に合わせてインスリンの調節を行うことで、血糖値を安定した状態に保ちやすくなります。
▲TOP


ページ制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン