高脂血症のくすり
指導/前田朝美
帝京大学医学部附属病院内科


 食事や運動に注意しても血中コレステロール値が十分改善しない場合に、高脂血症治療薬を使いますが、服薬中も食事・運動療法は続けてください。

▼くすりの種類と特徴
 高脂血症のくすりには、主にコレステロールを下げる作用が強いものと、トリグリセリド(中性脂肪)を下げる作用が強いものがあります。コレステロールが高い場合にはHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)、陰イオン交換樹脂(レジン)が主に使われます。これらのくすりは、コレステロール(LDLコレステロール)を処理するのに必要な受容体の働きをよくすることで、コレステロールを下げます。トリグリセリドが高いときは、フィブラート系やニコチン酸系のくすりが主に使われます。

▼服用中の注意
 高脂血症のくすりは病気の原因や体質そのものをよくするものではありません。コレステロールやトリグリセリドが低下しても、服薬をやめるとまた上がってしまうことがありますので、続けることが大切です。しかし、他のくすりとの飲み合わせが悪い場合などは一時休薬してもかまいません。

▼副作用について
 よく使われるスタチンやフィブラート系薬剤の重要な副作用として筋肉障害があります。頻度は低いのですが、腎機能が悪い場合、高齢者で起きやすいといわれています。筋肉痛や筋力低下、尿の異常(褐色尿)などの兆候が現れた場合は、すぐに服用をやめて医師に相談してください。また、血液検査でわかる副作用もありますので、くすりの効果、副作用チェックのためにも、必ず定期的に受診して血液検査を受けるようにしましょう。
 


ケーキなどの糖類を多く含む食品、アルコール、揚げ物、肉類、魚卵などからは、多くのエネルギーが摂取され、コレステロールとトリグリセリドが多量に作り出される。
  
トリグリセリドは運動などで消費され、余った分は皮下脂肪として蓄えられる。コレステロールはLDLコレステロールという小さな粒子となって血管を通る。LDLコレステロールが血液中に増えると、血管の壁に付着して動脈硬化を引き起こす。付着が多いと血管が詰まる。
  
血管が詰まると脳梗塞、狭心症、心筋梗塞の原因となる。

治療のために
  
 
服薬と並行して、バランスの良い食事とコレステロールを抑える食品の摂取、運動と適正体重の維持、禁煙など、生活習慣を改善することが必要。


制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン