心房細動のくすり
指導/田渕利文
熊本赤十字病院循環器科臨床不整脈顧問


▼疾患に関する基礎知識
 心房細動とは、心房の収縮が通常より速くなって心房の壁が不規則にふるえる(不整)ために、血液を効率よく全身へ送り出せなくなる疾患で、血圧低下や心不全を引き起こす危険性があります。また、血液が心臓内でよどむため、血液のかたまり(血栓)ができやすくなります。血栓は、やがて心臓の外へ送り出され、細い血管に詰まる(血栓塞栓症)可能性があり、それが脳で起こると脳梗塞になります。
 動悸や息切れ、胸部の不快感・痛みなどの自覚症状がある場合は、患者さん自身が異常に気付いて心房細動が発見されることが多いのですが、自覚症状がなく、心房細動に気が付かない方も数多くおられます*1

▼処方される主な薬剤の種類
 心房細動の薬物療法は、大きく分けて2つあります。ひとつは不整に対する治療で、不整そのものを抑制して本来の心臓の拍動を取り戻そうとする抗不整脈薬(I 群、III 群薬*2)や、脈拍数を調節するくすり(ジギタリス製剤、カルシウム拮抗薬、β遮断薬)が使われます。もうひとつは血栓予防で、抗凝固薬(ワーファリン)と抗血小板薬(バイアスピリン® など)が使われます。そのほかにカテーテルによる内科的手術療法もあり、薬物療法と併用されることもあります。

▼服薬と日常生活の注意
 前述の薬物治療がいかに有益であるかをまず十分ご理解いただくことが重要です。そのくすりがどのように働くか、副作用にはどのようなものがあるかなどの説明を受け、指示の通りにきちんと服用してください。くすりの副作用を最小限に抑えて、最大の効果を得るためにはそのような患者さんの協力も不可欠なのです。
 高齢者、高血圧や糖尿病のある患者さんは、特に心房細動発作と血栓塞栓症の危険性が高いので、ストレスを避け、乾燥・脱水に注意し、バランスの良い食事を取って規則正しい生活を送るようにこころがけましょう。


*1
:携帯型心電計などの新しい安全な機器が普及してきたため、心房細動の発見・診断は容易になっています。当院で心房細動の患者さんを調べたところ、半数以上の方にまったく自覚症状がありませんでした。自覚症状がなく、心房細動が隠れている患者さんでは、別の病気で受診した際に偶然心房細動が発見されることが多いようです。自覚症状の有無にかかわらず、血栓塞栓症の危険があり、治療が必要です。
*2:日本では10数種類が使用されており、不整脈を抑えるために非常に有効です。


制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン