心房細動とは
指導/田渕利文
熊本赤十字病院循環器科臨床不整脈顧問


心房細動とは
 心房細動は、循環器科などの専門科に限らずよくみかける疾患で、誰もがかかる可能性のある疾患といえます。昼夜にかかわらず治療に当たるわれわれ医師は心房細動になる危険性が高く、筆者にも心房細動があるので、不安になっていらっしゃる患者さんのお気持ちはよくわかります。しかし、携帯型心電計などの新しい安全な機器が普及してきたため、心房細動の発見・診断は容易になりましたし、治療法も進歩していますので、決して怖がる必要はありません。

▼疾患に関する基礎知識
 心房細動とは、心房の収縮が通常より速くなって心房の壁が不規則にふるえる(不整)ために、血液を効率よく全身へ送り出せなくなる疾患で、血圧低下や心不全を引き起こす危険性があります。また、血液が心臓内でよどむため、血液のかたまり(血栓)ができやすくなります。血栓は、やがて心臓の外へ送り出され、細い血管に詰まる(血栓塞栓症)可能性があり、それが脳で起こると脳梗塞になります。
 動悸や息切れ、胸部の不快感・痛みなどの自覚症状がある場合は、患者さん自身が異常に気付いて心房細動が発見されることが多いのですが、自覚症状がなく、心房細動に気が付かない方も数多くおられます。当院で心房細動の患者さんを調べたところ、半数以上の方にまったく自覚症状がありませんでした。自覚症状がなく、心房細動が隠れている患者さんでは、別の病気で受診した際に偶然心房細動が発見されることが多いようです。自覚症状の有無にかかわらず、血栓塞栓症の危険があり、治療が必要です。

▼危険因子と治療法
 心房細動があり、血栓塞栓症の危険性が高い(加齢、高血圧、糖尿病など)場合は、くすりによって心房細動の治療と血栓の予防を行います。くすりの副作用を最小限に抑えて最大の効果を得るためには、患者さんの協力も必要です。受診→検査・指導→服薬というプロセスの繰り返しが、安全で有効な治療に不可欠なものとご理解ください。


制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン