前立腺肥大症のくすり
指導/本間之夫
日本赤十字社医療センター泌尿器科部長


▼どんなくすりがあるのか
 前立腺肥大症には、α遮断薬というくすりが最も広く使われています。前立腺の緊張を取って、尿の通りを良くします。国産のα遮断薬は非常に優秀で、世界中の国々で使われています。他のくすりには、植物のエキスから作ったものや男性ホルモンを抑えるものなどがあります。

▼服用上の注意点
 α遮断薬はかなり安全なくすりですが、時に立ちくらみや低血圧を起こします。飲み始めのときは注意しましょう。また、勃起力を改善するくすりを使っている人は、α遮断薬を飲んではいけません。心臓に重大な問題が起こることがあります。目の筋肉に作用することもあるので、白内障の手術を受けるときにはα遮断薬を飲んでいることを眼科の先生に伝えてください。
 植物のエキスから作ったくすりには副作用がほとんどありません。男性ホルモンを抑えるくすりは他の男性の機能も低下させてしまうので、あまり長く続けることはお勧めできません。

▼日常生活での注意点
 風邪薬、アルコール、刺激物などがきっかけで、症状が悪化します。最悪の場合は、尿がまったく出せなくなりますので注意してください。他にもいろいろなくすりが前立腺と関係しています。新しいくすりを飲み始めるときには、前立腺肥大症があることを担当の医師に伝えてください。また、症状が似ていても前立腺肥大症ではないこともあります。一度は泌尿器科の医師に診てもらうようにしましょう。



制作:株式会社ライフメディコム/情報提供:株式会社スズケン

>> ご利用規約
株式会社スズケン