正しいブラッシングの方法
 
  ハブラシ選び
  自分に合ったハブラシを選ぶことで、より丁寧なブラッシングが行えます。そこでまず、ハブラシを選ぶポイントをあげてみましょう。
  ハブラシ選び説明図
 
ハブラシ選びのポイント
1. 毛のかたさ
歯や歯ぐきの状態にあったもの
(大きくわけて かため・ふつう・やわらかめの3つのかたさがあります。)
2. ヘッドの大きさ
小さめのヘッドのものが、お口の中で操作しやすく、しっかりブラッシングできます。
3. ハンドルのかたち・太さ
持ちやすく、長さが自分にあっているもの
4. ネックのかたち
スリムなネックのものが、お口の奥までスムーズに届きやすく、しっかりブラッシングできます。


プラーク(歯垢)のたまりやすいところはていねいに!
  「みがいているけれど、ちゃんとみがけていない」にならないように、すみずみまで丁寧にみがきましょう。
  歯垢のたまりやすいところ説明図
正しいブラッシングのポイント
ポイント1.毛先をきちんとあててみがく
 
●スクラッピング法イラスト ●バス法イラスト
毛先を歯面に90度(直角)にあててみがく 毛先を歯と歯ぐきの境目に45度の角度にあててみがく
お口の状態やみがく部位によってスクラッピング法やバス法を使いわけてみるといいでしょう。一番大切なのは、毛先をきちんと歯面にあてることです。
ポイント2.小刻みに動かしてみがく
 
小刻みに動かしてみがくイラスト
1〜2歯ずつみがく感じで小刻み(1〜2ミリ幅)にハブラシを動かす
小刻みに動かすことで歯と歯の間や歯と歯ぐきの間の汚れをしっかり落とすことができます。
ポイント3.軽い力でみがく
 
●ハブラシの持ち方イラスト イラスト
ペングリップ
(ペンを持つように軽くにぎる)
みがく力は150〜200g程度
軽い力でみがく説明イラスト
力まかせにゴシゴシみがいても汚れは落ちないだけでなく、歯ぐきを傷つけてしまう恐れがあります。
力加減が不安な方は、キッチンスケールなどを使って、150g〜200gがどれくらいなのか体験してみてください。案外軽い力で汚れは落ちるのです。


より丁寧にみがくポイント
 
1.ハブラシの動かし方にひと工夫!
1.奥歯の後ろ側イラスト 2.奥歯の手前側イラスト 3.前歯の裏側イラスト
ハブラシの“つま先”を使って小刻みにハブラシを動かしてみがきましょう。   ハブラシの“かかと”を使って小刻みにハブラシを動かしてみがきましょう。   ハブラシをたてて1本ずつかきだすようにみがきましょう。
2.みがく順番を決めましょう!
みがき残しがないように、みがく順番を決めてみがくといいでしょう。
2.みがく順番図イラスト
上の歯の裏側(口蓋側)
上の歯の前側(唇側)
右上奥歯のかみ合わせ(咬合面)
左上奥歯のかみ合わせ(咬合面)
下の歯の裏側(舌側)
下の歯の前側(唇側)
左下奥歯のかみ合わせ(咬合面)
右下奥歯のかみ合わせ(咬合面)
まちがったブラッシングによってできた傷
 
●歯ぐきの傷、くさび状欠損 写真
汚れを落とそうと力まかせに磨くと、歯ぐきを傷つけたり歯を削り取ってしまいます。歯の表面が削られると「知覚過敏」の症状が現れることもあります。
まめ知識イラスト


ハブラシの取扱い
  むし歯予防や歯周病予防のためにハブラシは必須アイテム。ハブラシの取扱いに気をつけましょう。
 
●保管方法 
使用後は流水下で根元までしっかり洗い、風通しのよいところに保管しましょう。
洗った後は、ハブラシの根元に食べカスやハミガキ剤が残っていないかチェックしましょう。また、保管中にホコリなどが付着しやすいので、洗ってから使用することをおすすめします。

<消毒について>
変色、変形の恐れがありますので、滅菌消毒や塩素系殺菌剤、漂白剤、熱湯(耐熱温度以上の温水)、精油にはつけないでください。
 
●交換時期  
 
毛先が開いたり(毛先がヘッドの台座よりはみ出してみえる状態)、磨耗したものは、清掃効果がさがります。
ハブラシの交換は1日3回のブラッシングで“約1ヵ月”が目安です!

<開いたハブラシを使うと・・・>
毛先の開いたハブラシではせっかく丹念にブラッシングしても、みがいているようでみがけていないばかりか、歯ぐきが退縮してしまい、露出した歯の根元からむし歯になることも。
また、1ヶ月も経たないうちに毛先が開いてしまうようなら、ブラッシングの力が強すぎですので、軽い力でみがくようにしましょう。
イラスト

▲TOP


情報提供:サンスター株式会社
Copyright © 2007 Sunstar Inc. All rights reserved.
病院・医院検索のマイクリニック myclinic