アレルギーのしくみ・つきあい方
 


 

花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・・・。これらはよく耳にするアレルギー疾患・症状です。「で、これらの治療方法や予防方法は?」となりがちですが、治療も予防も、第一歩はアレルギーを正しく理解することです。
今回は、アレルギーのしくみと、日常生活の中でのつきあい方を一部紹介いたします。



  アレルギーとは
   

アレルギーは、身体の反応
身体にとっての異物(抗原あるいはアレルゲン)が体内に入ってきた時、これに対抗する物質(IgE抗体)を作って排除・防御するしくみが身体にはあります(抗原抗体反応)。抗原に対して適切な防御であれば問題ないのですが、抗体が体内で増えすぎ、本来の防御から逸脱してしまった過剰反応がアレルギーです。この抗原抗体反応が、鼻の粘膜で起これば「アレルギー性鼻炎」、気管支で起これば「喘息」、腸壁で起これば「食物アレルギー」となります。例えばアレルギー性鼻炎なら、くしゃみや鼻みずなどによって抗原を排除しようとします。

アレルギーには下記の4つの型がありますが、狭義での「アレルギー」とは、主にT型を指しています。

同義語 抗原 皮膚反応 代表疾患
T型 即時型
アナフィラキシー型

●外来性抗原
ハウスダスト、ダニ、 花粉、真菌、TDI、 TMA(ハプテン)、 薬剤(ハプテン)

即時型
15〜20 分で最大の発赤と膨疹
アナフィラキシーショック
アレルギー性鼻炎
結膜炎
気管支喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
花粉症
食物アレルギー

U型 細胞障害型
細胞融解型

●外来性抗原(ハプ テン)
ペニシリンなどの薬剤

●自己抗原
細胞膜・基底膜抗原

  不適合輸血による溶血性貧血
自己免疫性溶血性貧血
特発性血小板減少性紫斑病
薬剤性溶血性貧血・顆粒球
減少症・血小板減少症
Goodpasture症候群
薬剤アレルギー
V型 免疫複合体型
アルサス型
●外来性抗原
細菌、薬剤、異種蛋白
●自己抗原
変性IgG、DNA
遅発型
3〜8時 間で最大の紅斑と浮腫
血清病
糸球体腎炎
過敏性肺炎
慢性関節リウマチ
全身性エリテマトーデス
薬剤アレルギー
アレルギー性気管支炎
W型 遅延型
細胞性免疫
ツベルクリン型
●外来性抗原細菌
真菌
●自己抗原
遅発型
24〜72 時間で最大の紅斑と硬結
接触性皮膚炎
アレルギー性脳炎
アトピー性皮膚炎
過敏性肺炎
移植拒絶反応
結核性空洞
類上皮細胞
性肉芽腫
薬剤アレルギー
ウイルス免疫
臓器移植の拒否反応

(参考:厚生労働省「アレルギー総論」)

(参考)“アトピー”とは?
上記の通り、アレルギーとは身体の反応をあらわし、また特定のものに対する特定の反応です。アトピーとはアレルギーの一種で、T型のアレルギー反応によって起こる疾患のことです。つまり、よく耳にするアトピー性皮膚炎も、食物アレルギー、喘息も含めて、「アトピー」と総称します。「アトピー」という言葉の語源はギリシア語に由来し、「否定型の」「奇妙な」という意味です。まだアレルギーについてよくわからなかった時代では、アレルギーと言えばアナフィラキシーショックのことでした。アトピー性皮膚炎、アトピー性鼻炎、花粉症、喘息などは、当時はまだアレルギーであると認識されておらず、「アトピー」と言われるようになったのです。


  アレルギーを引き起こす抗原(アレルゲン)
   

アレルゲンとなるもの
アレルゲンはいくつかの経路から体内に取り込まれます。
食物性アレルゲンの場合、抗原抗体反応をおこすものは、比較的大きな分子のタンパク質です。タンパク質は、消化の過程でアミノ酸に分解・吸収されますので、通常は何も起こりません。しかし、体調不良などにより消化機能が衰えていたり、子どもの場合、消化吸収機能が未熟だった場合、タンパク質が大きな分子のまま腸に到達してしまうため、抗原抗体反応をおこします。
一般的には年齢とともに克服すると言われますが、身体はこのアレルギーを記憶しているため、治ったとは言えないのです。

吸引性アレルゲン

室内 ほこり、カビ、ダニ、畳、ソバガラ、ペットの毛、衣服、寝具(綿、絹、羊毛、羽毛)
建材に使用されている化学部質(ホルムアルデヒド、VOCなど)
花粉 ブタクサ、カナムグラ、スギ、アカマツ、ススキ、ヒメガマ
カビ アルテルナリア、ペニシリウム、カンジダ、クラドシポリウム、アスペルギルス
食物性アレルゲン 卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに、大豆、いか、いくら、鮭、さば、牛肉、鶏肉、豚肉、くるみ、やまいも、オレンジ、キウイフルーツ、もも、りんご、バナナ、ゼラチン、あわび、まつたけ
薬物性アレルゲン

鎮痛剤、解熱剤、抗生物質、ホルモン剤、ペニシリン、サルファイト、タートラジン色素

接触性アレルゲン 化粧品、塗料、衣服、金属、うるし、ラテックス(ゴム)、寝具類、ヨード、洗剤

(引用:「アトピー・アレルギー克服応援ブック」)


  日常生活の注意点
   

アレルギーを緩和するには、アレルゲンを遠ざけることが大切です。アレルギー性鼻炎にしてもアトピー性皮膚炎にしても喘息にしても同様です。

例えば通年性アレルギー性鼻炎の場合は、毎日掃除をする、フローリングにする、布団ではなくベッドにする、布製のソファーをやめる、布団やぬいぐるみは毎日ていねいに掃除機をかける、空気清浄機を用いる、などを実行することで、ハウスダストやダニを減らすことができます。また、犬や猫などのペットは飼わないようにしたり、まめに布団を干したりすることにも気をつけましょう。
季節性アレルギー性鼻炎の場合は、花粉を避けることが第1です。外出時にはマスクや眼鏡をつける、洗濯物や布団を干した後は、花粉を丹念に払い落とす、などに注意しましょう。

食生活においては、和食中心の食生活で、動物性タンパク質と脂質の摂り過ぎに注意が必要です。欧米化した現代の食生活を見てみると、卵、チーズ、牛乳、小麦粉、バター、トウモロコシ、肉が様々なかたちで繰り返し使用されています。摂取する回数が多いほど、それがアレルゲンとなる可能性が高くなる、と言われています。また加工食品に頼りすぎた食事も問題です。和食の場合でも偏らずできるだけたくさんの材料を取り入れましょう。

医師とのつきあい方
「時間とお金をかけてでも大病院の専門医に」という方がいます。しかしアレルギーは、長期的な治療が必要な場合が多いです。したがって、時間とお金をかけて大病院や有名な専門外来を受診し続けようとすると、結果的に体力的にも精神的にも金銭的にも大きな負荷となってのしかかってきます。また混み合っている医療機関の医師も、診察しなくてはならない患者数が多くなってくるとひとりひとりとじっくり向き合う時間をとりたくても難しくなってきます。つまり患者さんにとっても医師にとってもストレスな状態となり、治療が思うように進まないといった状況になってしまいます。大病院や専門外来で最先端の治療を!と労力とストレスを抱えるよりは、よくコミュニケーションがとれて診察の経過も詳しく把握できる身近なかかりつけ医を受診することも有効と言えるでしょう。小児科、皮膚科の医師が皆アレルギーを専門としているわけではありませんが、技術を取り入れて治療を進めることができる場合もありますし、あるいは適切な医療機関の紹介を受けることができるかもしれません。


  アレルギーの検査
   

アレルギーの検査方法は、何種類もありますが、大別すると下記の3つの方法があります。年齢、症状、体調、タイミングなどを医師と相談し、検査を行います。

  • 血液検査
    主には血中の抗体量を調べるために行います。アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、ぜんそくなどの特定は可能ですが、接触性皮膚炎などW型の判断には難しいです。
  • 皮膚テスト
    T型のアレルギー検査が目的ですが、その反応からW型のアレルギーであることがわかる場合もあります。
    スクラッチテスト、皮内テスト(注射)、パッチテストなどを行います。
  • 誘発テスト
    上記の血液検査、皮膚テストでは判定できない型のアレルギーのアレルゲンを調べます。
    経口負荷試験、吸入誘発テストなどがこれに当たります。

参考:健康Salad


制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2011 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.