下肢静脈瘤〜むくみや血管のボコボコが気になったら
 


 

足の血管がボコボコ浮き出ている、血管が目立つようになってきた、皮膚が黒ずんできた、よく足がつる、むくむ・・・なんとなく見過ごされそうなこれらのサインは、下肢静脈瘤の症状です。自然には治りませんし、加齢現象や疲労と勘違いされて治療が遅れ、重症化してしまうケースもあります。日帰りの治療でほぼ根治させることができ、また保険も適用できる治療法もあります。おかしいな?と思ったら、診療を受けてみましょう。



  下肢静脈瘤とは
   

下肢静脈瘤とは、足の静脈の弁が壊れてしまう血管の病気です。40歳以上の約半数が下肢静脈瘤になると言われています。
血管には動脈と静脈があります。動脈は酸素や栄養を血液によって運び、静脈は体内で発生した二酸化炭素や老廃物を血液によって心臓に運びます。足の静脈は重力に逆らって血液を上に向けて運ばなくてはならないため、血液の逆流を防ぐための弁(逆流防止弁)がついています。弁は血液が心臓に向かって流れる時のみ開くしくみになっていますが、何らかの原因でこの弁が壊れてしまうと、血液が逆流して、血管内に漂うようになります。その結果、足の血管がボコボコと浮き出て瘤のようになる、血管が目立つようになってくる、足の皮膚の色が変色する、むくむといった症状が現れます。これが下肢静脈瘤で、「一次性静脈瘤」と呼ばれます。

また、深部の静脈に血栓ができてしまう「二次性静脈瘤」と呼ばれるものがあります。長時間体を動かせない場合、深部の血管に血栓ができてしまうことで血管が詰まり、血管がふくらんでしまう症状です。(「エコノミークラス症候群」の原因もこの血栓です。足の深部静脈でできた血栓が肺まで流れてしまい、強い胸の痛みがあります。)

また稀なケースとして、子どもに起こることがある「先天性下肢静脈瘤」もあります。生まれつき血管が拡張する血管形成異常です。

「下肢静脈瘤」のタイプ

  • 大伏在静脈瘤
    下肢静脈瘤の中で最も多い静脈瘤です。太ももからふくらはぎの内側にかけて血管がボコボコと瘤状にふくらみます。女性の場合、妊娠・出産や日常動作、衣服によるしめつけなどで血管が圧迫され、逆流弁に負荷がかかり壊れてしまうことがあります。太い血管で起こるためボコボコとした様子が目立ちます。
  • 小伏在静脈瘤
    ひざの裏やふくらはぎの外側に、蛇行してふくらんだ血管が現れます。静脈瘤ができるしくみは大伏在静脈瘤と同じです。
  • 陰部静脈瘤
    女性ホルモンの影響と妊娠による腹部の圧迫で足の付け根や太ももの裏側、陰部周辺にできる静脈瘤です。出産後に症状が消える場合があるため、妊娠中は治療を行わず、出産後に症状が残る場合に治療を行います。
  • 不全穿通枝
    やや小さな静脈瘤です。伏在静脈瘤よりは小さく、網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤よりは大きいです。
  • 網目状静脈瘤
    ひざの裏側などに見られることが多く、青い血管が細かく枝分かれしているように見える静脈瘤です。血管が目立って見えているだけに見えたり、アザだと勘違いしてしまうことがあります。
  • クモの巣状静脈瘤
    網目状静脈瘤よりもさらに細かい血管で起こる静脈瘤です。青、赤、紫色に見えます。ふくらはぎの内側、ひざなどに起こります。

  症状
   

なんとなく足がむくむ、だるい、重い、ほてる。こんな何気ない不調、普段から経験されている人は多いはずです。下肢静脈瘤が重症化してしまう要因は、この病気のサインを疲労や老化であると自己判断してしまい、見過ごしてしまう点にあります。下肢静脈瘤は「静脈で血液が逆流していないかどうか」が判断のポイントになりますが、とくに初期では見た目ではわからないこともあります。したがって、違和感があれは早い目に診察を受けた方が良いと言えます。

下肢動脈瘤の主な症状

  • ふくらはぎやひざの裏の血管が蛇行して見える、ボコボコと浮き出ている
  • 足の血管がクモの巣状になり目立つ
  • 足が異常にむくむ、左右に差がある
  • 就寝前・就寝中・明け方によく足がつる
  • 足が重い、だるい、痛い
  • 足の皮膚が硬い
  • 足の皮膚が茶色に変色している

  主な原因
   

下肢静脈瘤の原因に多いのは、足をあまり動かすことがないデスクワークや立ち仕事、運動不足、妊娠・出産、遺伝、血液中の脂質異常など様々です。
したがって予防方法は、適度な運動とバランスのとれた食事、水分補給による血流改善とむくみ予防などとなります。

  • 立ち仕事・デスクワーク
    立ち仕事でも足を動かしている状態であれば静脈の流れを促すことができるのですが、長時間同じ状態が続くと、静脈の流れを滞らせてしまいます。座りっぱなしが多いデスクワークの場合も同様です。
  • 妊娠・出産
    黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で血管が拡張し、静脈が広がりやすくなります。妊娠中は黄体ホルモンが活発に分泌されて血中濃度が高くなり、その結果、下肢に流れる血流量が増加し、静脈の弁を壊してしまうことがあります。下肢静脈瘤が女性に多くみられる(※)要因です。
    ※男女比はほぼ1:2で女性の発症が多くなっています。
  • 加齢
    加齢とともに静脈の弁の働きが弱まってしまう場合もありますが、歩く機会が減り、血管に負担をかけてしまうことも要因です。
  • 脂質異常
    血液中の脂質、コレステロールや中性脂肪が高くなると血管に負担がかかり、動脈硬化だけではなく静脈にも影響します。
  • 遺伝
    血縁者に下肢静脈瘤患者がいる場合、また体質的に静脈の逆流弁が弱いなど、遺伝的要因であることも考えられます。

  治療
   

一次性下肢静脈瘤は悪性の病気ではないため、また病気であることを認識せず、放置してしまうケースが少なくありません。しかし血液の逆流は妊娠による一時的なものを除き、元には戻りません。また逆流弁も一度壊れてしまうと治りません。足がボコボコして見た目が気になりスカートが履けないなど日常生活にも影響してきますので、疑わしい場合はなるべく早く医師へ相談しましょう。

一次性下肢静脈瘤の治療は、身体や金銭的な負担の少ない治療法が増えています。近年では「レーザー治療」を希望する人が増加しており、平成23年に一部の「レーザー治療」が保険適用されるようになったことで注目されています。以前は入院が必要な手術が基本だったので、治療は働き盛りの世代にとってハードルが高いものでした。しかし現在は、入院の必要もなく、日帰り手術が可能となり、治療を受けやすい状況にあります。

治療には静脈瘤を専門に治療する医師がいる医療機関での受診がおすすめです。専門の窓口は「血管外科」となりますが、血管外科は動脈や静脈の病気を専門に扱います。しかし緊急性を要することが多い動脈の病気と違い、静脈をメインとしている医師はそれほど多くはないためです。可能であれば、静脈瘤を専門にしている医師がいる医療機関で治療を受けるのが望ましいです。

一次性下肢静脈瘤の治療方法は、下肢静脈瘤のタイプにより異なります。
主には下記の4種類です。

主な治療方法 処置可能な下肢静脈瘤タイプ 治療方法 入院
血管内レーザー治療 ・大伏在静脈瘤
・小伏在静脈瘤
血管内にカテーテルを通してレーザーファイバーを挿入し、その先から照射されるレーザー光線によって逆流を起こしている血管を焼きつぶす治療法。針で小さな穴を開けるだけで切らずに済み、体への負担が少ない。
治療時間:片足10分〜30分程度
不要
硬化療法 ・網目状静脈瘤
・クモの巣静脈瘤
・陰部静脈瘤
・高位結紮術の追加治療
・レーザー治療の追加治療
静脈の血流を薬剤で固めて血管の内側を壊してからしっかり圧迫することでくっつける治療法。下肢静脈瘤の治療法としては最も歴史が古い方法です。以前は液状の硬化剤を使用していましたが、最近では硬化剤と空気と混ぜて泡状にして血管に注入する「フォーム硬化療法」が増えています。
注射のみで治療することができ、レーザーファイバーの挿入が難しい複雑な血管や細い血管に対して有効です。
治療時間:片足10分〜15分程度。太い血管や範囲が広い場合は期間をあけて複数回にわたったり、他の治療方法と組み合わせる場合もあります。
不要
高位結紮術 ・不全穿通枝
・大伏在静脈瘤、小伏在静脈瘤の血管の蛇行が複雑な場合
局所麻酔を行い数cm切開し、静脈をしばって逆流を防ぐ治療法。レーザー治療が難しい複雑な形状の血管に対して行うことが多いです。根治はしないため再発の可能性があり、多くの場合他の治療法と併用します。
治療時間:10〜40分程度(部位による)
不要
ストリッピング手術 ・大伏在静脈瘤
・小伏在静脈瘤
静脈瘤がある血管を引き抜く手術を行う治療法。レーザー治療ができない太い血管への治療として行われるほか、レーザー治療に対応していない医療機関もあり、また根本的な治療法として行われることが多い治療法です。 3〜7日
(日帰り治療が可能な医療機関もある)

薬の処方
手術後には痛み止めや細菌感染を防ぐために抗生物質が処方されることがあります。
また手術後、安静にしすぎたり、水分摂取が足りないことで「深部静脈血栓症」(二次性静脈瘤)を招く恐れがあります。予防のために、抗血小板薬を処方されることがあります。

監修:四谷・血管クリニック


制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2011 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.