夏に気をつけたい子どもの感染症
 


 

夏に子どもがかかりやすい感染症について解説します。
(手足口病 / 咽頭結膜熱(プール熱) / ヘルパンギーナ / 溶連菌感染症(猩紅熱しょうこうねつ))



  手足口病
   

症状
手、足、口に(子どもの場合は肘、膝、お尻にも)米粒ほどの水疱性の発疹ができます。
発疹は水疱状で、やがて破れて潰瘍になり、痛痒くなってきます。口の中にできると、痛みで食事が困難になり、脱水症状をおこすことがあります。発熱や下痢、嘔吐をともなうことも。
嘔吐や頭痛が続く場合、心筋炎や髄膜炎を合併していることもあります。

原因
エンテロウイルスなどの腸管ウイルスやコクサッキーウイルスなどの感染。複数のウイルスがあるので、一度かかったら大丈夫、という病気ではありません。
感染経路は、風邪と同じように鼻汁・唾液などからの感染です。また、便からも感染しますので、お子さんの手をよく洗うことも大切ですのでお母様は気をつけてあげてください。

治療
小児科を受診します。
比較的軽い病気ですので、自然に治ります。しかし、口の中の痛みや発熱が強い場合は症状を緩和する対症療法をおこないます。口腔内の痛みのために食事が困難な場合は脱水症状を起こしやすい状態にありますので、刺激が少なくのどごしの良い食事内容にし、また水分補給を十分におこないます(参考:「健康Salad」手足口病の時のおすすめレシピ<すいとん>)


  咽頭結膜熱(プール熱)
   

症状
急な発熱(38〜40℃)、のど腫れや痛み、リンパ節の腫れ、目やに、涙、充血など結膜炎の症状がみられます。吐き気、腹痛、下痢などが見られることもあります。

原因
アデノウイルスが感染の原因です。プールの水から感染することから、「プール熱」とも呼ばれます。6〜9月頃に発生しやすく、幼稚園児や小学生はプールでうつることが多いのですが、せきやくしゃみを介して感染したり、便を介して目や口に感染して、赤ちゃんが感染することもあります。 プールに入る前と後にシャワーでよく体、手、目を洗うことと、タオルや洗面器、食器を共用にしないことです。また、洗濯も別にします。

治療
小児科や眼科を受診します。
症状を和らげる対症療法を行います。高熱の場合は小児科を、結膜炎の症状がある場合は眼科での治療が必要です。


  ヘルパンギーナ
   

症状
急な高熱(39℃前後)と咽頭、口の中の上顎の奥の粘膜に、小さな水疱ができます。水疱が破裂し潰瘍状になることもあります。
5歳未満の乳幼児に多く、食欲低下、嘔吐する場合もあります。

原因
おもにコクサッキーウイルスへの感染が原因ですが、原因となるウイルスは複数種類あるため、何度も発症することがあります。

治療
小児科を受診します。
対症療法を用います。症状が重い場合は解熱剤を服用するなど症状を和らげます。口腔内の痛みで食事が難しい場合がありますので、食事内容はやわらかくのどごしの良いものを。また脱水症状への注意も必要ですので、水分補給をこまめに行います。


  溶連菌感染症(猩紅熱しょうこうねつ)
   

症状
急な発熱(38〜40℃前後)と頭痛、のどの痛み、食欲不振、吐き気など、風邪のような初期症状があります。やがてのどが非常に赤くなり、舌の表面にブツブツの赤みができることが多く(いちご舌)、口の中も真っ赤になります。また扁桃腺や首のリンパ節が腫れたり、扁桃腺に白〜黄色がかった膜ができることがあります。他におう吐、腹痛、筋肉痛、関節痛、首のリンパ節が腫れて痛むことも。発症後1〜2日すると、かゆみをともなう小さな発疹が全身にあらわれます。

原因
A群β溶血性連鎖球菌が原因の溶連菌感染症です。A群β溶血性連鎖球菌という細菌が、くしゃみやせきを介して感染しておこります。5歳をピークに4〜9歳がかかりやすく、秋から春に多く発症します。のどは12〜3月に、皮膚では7月〜9月に多い傾向にあります。

治療
小児科を受診します。
抗生物質を服用します。服用後、1〜2日で元気になったように見えて溶連菌を完全に除く前に服用をやめてしまい再発することが多く、中耳炎・気管支炎・リンパ節炎・副鼻腔炎、急性腎炎、リウマチ熱を合併する危険度が高くなります。医師の指示通りの治療を最後まで続けることが大切です。


制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2011 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.