うつ病と五月病
 


  うつ病とは? 五月病とうつ病
   

うつ病とは
眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない・・・この「気分が落ち込む」「ゆううつ」な気分が長期にわたって続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態。これにより、ものの見方が否定的・悲観的になり、自分がダメな人間だと感じてします。普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環に。

五月病とは
仕事や学校、転居などで環境が変わり、最初のうちは張り切っていたのに、5月の連休明け頃から、なんとなく気分が落ち込む、疲れやすい、仕事や勉強、家事などに集中できない、眠れないといったスランプ状態に陥ること、これがいわゆる「五月病」。精神的な症状だけでなく、食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸などの症状を訴える人も多く、新しい環境の変化についていけないあせりやストレスが、知らず知らずのうちに体の症状となって出てくるのです。
五月病といっても、新入生や5月に限って起きる病気ではなく、完璧主義で物事にこだわりがちな人や、内向的で孤立しやすい人、過保護に育てられた人などが五月病になりやすいといわれています。たいていの場合は一過性の心身の不調で、1〜2ヶ月で自然と環境に慣れ、症状が良くなると言われています。


  五月病かな?と思ったら
   

五月病かな、と思ったら、とにかく気分転換・リラックスできることをしてみましょう。これらのことは、五月病の予防法でもあります。

  • 趣味やスポーツでストレスを解消
  • たっぷり寝る
  • ゆっくりお風呂に入る
  • 好きな音楽を聞く
  • アロマテラピーでリラックスする
  • 映画や絵画展、コンサート、小旅行などに出かけて気分転換を図る
  • 新しい目標を見つける
  • 友人や先輩などに、話を聞いてもらう

  うつ病
   

五月病のいろいろな対処法を試してみても、心身の不調がなかなか治らない場合、睡眠はたっぷりとっているのに悩みや疲れが消えない状態が1ヵ月以上続く場合は、軽症のうつ病の可能性があります。
特に、仕事や家事などにやる気がでなくなるだけではなく、好きな趣味など以前は興味があったものにも関心がなくなったりする場合は要注意です。

こんな症状が続く場合は、早めに心療内科か精神科を受診しましょう。

  • □ 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)
  • □ 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない
  • □ 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める
  • □ イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない
  • □ 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる
  • □ 思考力が落ちる
  • □ 死にたくなる

周囲からみてわかる変化もあります。周りの人が「いつもと違う」こんな変化に気づいたら、もしかしたら本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。

  • □ 表情が暗い
  • □ 涙もろくなった
  • □ 落ち着かない
  • □ 飲酒量が増える

また、身体への変化が現れることもあります。
食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛や肩こり、動悸、胃の不快感、便秘がち、めまい、口が渇く・・・


  うつ病かな?と思ったら
   

これらはあくまで目安ですが、いつもと違う、と思ったら、一人で悩まず、まずは専門家に相談してみましょう。専門家とは、精神科、心療内科、あるいはかかりつけの医師がいるクリニックなどですが、地域の保健所や保健センター、都道府県・指定都市に設置されている精神保健福祉センターなどにあります。これらの相談窓口は、市区町村役場に電話で問い合わせるか、ホームページで調べてみましょう。電話相談、来所相談のどちらも可能で、こころの専門医の意見を聞くこともできます。
また全国共通の「こころの健康相談統一ダイヤル」があり、電話をかけると、地域の公的な電話相談窓口につながります。こころの問題だけでなく、様々な相談窓口を掲載している「いきる・ささえる相談窓口」などがあります。
学校であれば、スクールカウンセラーに相談してみるのも良いでしょう。

参照
エンパワーヘルスケア「健康Salad」、厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」


制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2011 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.