鼻がむずむずして涙が止まらない…花粉症
 
 
監修/北村 聖
東京大学医学教育国際協力研究センター 教授


花粉症とは?
 
花粉症とは? 花粉症はアレルギー性疾患のひとつで、植物の花粉が眼や鼻などの粘膜に付着して起こります。花粉の飛散時期に発症することが多いため、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。
 日本では、5〜6人に1人が花粉症にかかっているといわれており、患者数は年々増加傾向にあります。
 よく知られているのは、春先に多くみられるスギによる花粉症ですが、イネ(春夏から秋)やブタクサ(秋)などの花粉もアレルギーの原因となります。そのため、複数の花粉に反応を起こすと、長期にわたって症状に悩まされる場合も少なくありません。
 花粉症は、生命にかかわる病気ではありません。しかし、そのまま放っておくと「鼻が詰まって息苦しい」「眼がかゆくて涙が止まらない」などの症状が現れ、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。
 完治するのは難しいといわれている花粉症ですが、早期に治療を行えば日常生活での支障を最小限に抑えることも可能です。「もしかして花粉症?」と思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。

  症状は?
     鼻の三大症状(くしゃみ・鼻みず・鼻づまり)のほか、眼や喉のかゆみ、眼の充血、涙眼などがみられます。重症になると、微熱や倦怠感などの全身症状が現れる場合もあります。鼻の三大症状は風邪の初期症状とよく似ているため、花粉症と気づかないこともあります。また、花粉の飛散状況によって症状の程度は変わってきます。

  発症の原因は?
     花粉に対するアレルギー反応が原因で起こります。アレルギーの原因である「抗原」が体内に入ると、私たちの身体は「抗体(=花粉症の場合はIgE抗体(※))」を作って抗原を排除しようとします。これを「免疫」といいます。しかし、抗体が一定量を超えると、過剰反応を起こします。その結果、くしゃみや鼻みず、涙眼などの症状が現れるのです。
IgE抗体・・・・・・抗体の一種。体内で作られる量は少ないが、一定量を超えるとアレルギー反応を起こす


検査と診断
 
 まずは、問診を行います。問診では、発症時期や症状の程度、患者さんとご家族のアレルギー既往歴などについて質問します。
 次に、アレルギー症状であることを確認するための検査や、抗原を特定するための検査を行います。そのほか、副鼻腔炎(蓄膿症)の合併を調べるために、レントゲン検査を行う場合もあります。

【アレルギー症状であることを確認するための検査】
鼻鏡検査 鼻鏡という器具を使用して、鼻粘膜の状態をみる。
鼻汁中好酸球数検査 鼻みずに含まれる好酸球(※)の数値を調べる。数値が高いと花粉症と診断される。
【抗原を特定するための検査】
皮内テスト
(スクラッチテスト)
皮膚に軽く傷をつけて抗原液をたらしたり、皮内注射したりして反応をみる。その抗原に対する抗体をもつ場合には、かゆみや腫れなどが現れる。
血清特異的IgE抗体検査 採血し、抗原に対するIgE抗体の数値を調べる。どの抗原に対するIgE抗体数が多いかを調べることにより、抗原を特定する。
鼻誘発テスト 抗原をしみ込ませたろ紙を鼻粘膜に置いて反応をみる。その抗原に対する抗体をもっていると、くしゃみや鼻みずなどの症状が現れる。
好酸球・・・・・・白血球の1種。アレルギー反応を高めて、症状の悪化や慢性化をもたらす


治療法は?
 
 治療法は、薬物療法と特異的免疫療法(抗原特異的減感作療法)、手術の大きく3つに分かれます。重症度や患者さんのライフスタイルなどによって、治療法を選択します。

薬物療法
 現在、最もよく行われている治療法です。
 眼の症状には、点眼用の抗ヒスタミン薬やケミカルメディエーター遊離抑制薬が用いられます。重症の場合にはステロイド点眼薬を用いますが、緑内障などで眼圧の高い患者さんへの使用は、注意する必要があります。
 鼻の症状に用いられる薬剤は数種類あり、症状の程度に応じて使い分けます。場合によっては、いくつかの薬剤を併用することもあります。飲みあわせの悪い薬もあるため、ほかの薬を使用している際には、必ず医師に相談しましょう。鼻の症状に用いられる薬剤は、次の通りです。
【鼻の症状に用いられる主な薬剤】
ケミカルメディエーター
遊離抑制薬
経口薬と点鼻薬があり、鼻づまりを改善する。使用後、2週間ほどで効果が現れる。副作用が少ない。
第二世代抗ヒスタミン薬 経口薬と点鼻薬があり、症状全般を改善する。使用後、2週間ほどで効果が現れ、長期間持続する。
トロンボキサンA2拮抗薬 鼻づまりを改善する経口薬。くしゃみや鼻みずにも効果が期待できる。効き目は穏やかで、効果がピークに達するまでに4〜8週間を必要とする。
ロイコトリエン拮抗薬 鼻づまりを改善する経口薬。使用後、1週間ほどで効果が現れる。
ステロイド薬 点鼻薬と経口薬がある。点鼻薬は症状全般を改善する。使用後、数日間で効果が現れ、副作用も少ない。経口薬は副作用が強いため、重症の場合に短期間で用いられる。
抗コリン薬 鼻みずを改善する点鼻薬。即効性はあるが持続期間は短いため、1日3〜4回の投与を必要とする。

特異的免疫療法(抗原特異的減感作療法)
 注射により抗原液を体内に取り込み、抗原に対する反応を弱めていく治療法です。ごく少量の抗原液から開始して、少しずつ増量していきます。ごくまれにアナフィラキシーショック(※)などの副作用が現れる場合もあるため、反応に注意しながら治療を行います。個人差はありますが、効果が現れるまでに約3カ月間を必要とします。この治療を行った結果、患者さんの約70%に効果がみられたとの報告もあります。また、定期的な治療を3年以上継続することにより、完治する可能性もあるといわれています。
アナフィラキシーショック・・・・・・血圧低下や呼吸困難などの全身症状が現れた状態

手術

 強度の鼻づまりや、ほかの治療法で効果がみられない場合に行われます。いくつかの術式がありますが、なかでもレーザー手術は外来での治療が可能なため、日常生活に取り入れやすいといわれています。レーザー手術では、鼻粘膜の表面を軽く焼いて、敏感になった部分を取り除きます。1回の治療で、数カ月から2年くらい効果が持続するといわれています。しかし、鼻粘膜は時間がたつと再生するため、完治には至りません。


日常生活の注意点
 
 日常生活における花粉の回避や除去は、治療以上に重要でもあります。医療機関での治療と並行して、継続するよう心掛けましょう。


花粉情報に注意して花粉情報に注意して
 花粉情報を確認し、飛散量が多い場合には外出を控えましょう。やむを得ず外出する場合には、不織製のマスクやメガネを着用しましょう。ウールなどは花粉が付きやすいため避けるようにし、ツルツルした素材の服装を心掛けましょう。
   
外出先から帰ったら
 服についた花粉をよく払い落してから室内に入りましょう。うがいや洗顔をし、鼻をよくかむのも効果的です。眼や鼻を洗う場合には、必要に応じて専用の洗浄剤を使用しましょう。使用の際には、医師や薬剤師に相談することが大切です。
   
規則正しい生活を
 身体の免疫機能を高めるため、規則正しい生活を送るよう心掛けましょう。睡眠を十分にとり、過度の飲酒を控えることも大切です。また、鼻粘膜を保護するためにも、禁煙するのが望ましいでしょう。
   
室内での花粉の除去を心掛けて室内での花粉の除去を心掛けて
 花粉が室内に侵入するのを防ぐことが重要です。窓を閉め、洗濯物や布団などは外に干さないよう心掛けましょう。花粉が侵入した場合には、こまめに掃除を行い、花粉を除去するよう心掛けましょう。カーペットは花粉がつきやすいため、可能であればフローリングにする方がよいでしょう。また、布製のソファなども避けた方がよいでしょう。加湿器の使用は、侵入した花粉が室内で散乱するのを防いだり鼻粘膜を保護したりするのに有効です。

花粉症の情報は、下記サイトでもご確認いただけます。
環境省花粉観測システム「はなこさん」:
http://kafun.taiki.go.jp/
花粉症の情報サイト:
http://biennet.jp/index.html


編集:株式会社ライフメディコム
制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2009 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.