顔の片側が引きつる・・・片側顔面痙攣
 
 
監修/北村 聖
東京大学医学教育国際協力研究センター 教授


片側顔面痙攣とは?
 
女性患者 片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)は、顔の片側が自分の意志とは関係なく、ピクピクと痙攣したり引きつったりする病気です。
 40代以降の中高年齢層での発症率が高く、男性よりも女性に多くみられます。
 発症初期は、ときどきしか症状が現れませんが、進行するにつれて発症頻度が高くなり、就寝中にまで及ぶこともあります。また、片眼をつぶってしまうほど顔が引きつることもあり、人前に出にくくなったり、車の運転が難しくなったりするなど、日常生活にも支障をきたすようになります。
 気になる症状があれば、早めに医師(神経内科や脳神経外科)に相談しましょう。

症状は?
 
 初期症状としては片眼の周囲が軽くピクピクと痙攣する程度ですが、次第に同じ側の頬、額、口、顎へと範囲が広がります。さらに症状が進行すると、顔が引きつってゆがんだり、片眼がギュッとつぶったままになったりします。また、痙攣の振動が内耳に伝わることによって、耳鳴りがする場合もあります。

発症の原因は?
 
 片側顔面痙攣の主な発症の原因は、内側に悪玉コレステロールが付着して、弾力性を失ったり硬くなったりした血管(動脈硬化した血管)が、顔面神経を圧迫することによって起こるといわれています。また、脳腫瘍や動脈瘤(※1)が顔面神経を圧迫しているという説や、顔面神経麻痺(※2)の後遺症であるとの説や、ストレスなどの精神的緊張が引き金になるという説もあります。
※1動脈瘤・・・ 血管の壁が薄くなって動脈の一部が風船のように大きく膨らんでくる病気
※2顔面神経麻痺・・・ 片側の顔面の筋肉が突然に脱力して麻痺する病気


検査と診断
 
 問診や視診などにより診断します。診察時に症状が現れない場合には、眼をギュッとつぶってパッと開いたり、口を真一文字に引き伸ばしたりすることによって、まぶたの下の痙攣を誘発するテストを行います。
 詳しい検査として、CT(Computed Tomography/コンピューター断層撮影)、MRI(Magnetic Resonance Imaging/磁気共鳴画像)、MRA(Magnetic Resonance Angiograhy /磁気共鳴血管造影)などの画像診断を行い、顔面神経を圧迫している血管の状態や脳腫瘍などの可能性の有無を調べます。
 片側顔面痙攣は眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とよく似ていますが、片側顔面痙攣が片眼から症状が現れ始めて同じ側の顔面に広がるのに対し、眼瞼痙攣は両眼に症状が現れるだけで範囲が広がることはありません。


治療法は?
 
 抗不安薬や抗てんかん薬、筋弛緩薬などの薬物内服療法が用いられる場合もありますが、主流はボツリヌス療法と手術の大きく2つになります。

医者ボツリヌス療法
 痙攣している顔の筋肉にA型ボツリヌス毒素製剤を注射し、軽度の麻痺を起こすことによって症状を抑制します。個人差はありますが、1回の注射で約3〜4ヵ月間効果が持続します。数ヵ月ごとに再投与しなければなりませんが、治療時間は短く数分で終了します。副作用はほとんどありませんが、まれにまぶたが閉じにくくなったり、口角が下がったりすることがあります。
 ボツリヌス毒素といっても、口から入って腸で大量に吸収されない限り、中毒症状は起こりませんので、安心して受診しましょう。
 片側顔面痙攣でのボツリヌス療法は保険が適用されますが、所定の研修を受講した専門医以外は施術することができないため、受診機関が限られます。また、妊娠中や授乳中などボツリヌス療法を受けられない場合もありますので、受診の際は医師によく相談しましょう。

手術
 脳の血管による顔面神経の圧迫を除去する手術(神経減圧術)を行います。有効性の高い根本治療ですが、全身麻酔を伴う開頭手術のため2週間ほどの入院が必要です。また、顔面神経麻痺や聴力障害などの合併症を引き起こす可能性もあります。


日常生活で気をつけたいこと
 
ウォーキング 片側顔面痙攣は、動脈硬化やストレスなどの精神的緊張が関係しているといわれています。日常生活において動脈硬化の予防やストレス解消を心掛けましょう。

適度な運動を心掛けて
 ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は、動脈硬化の予防に効果があります。楽しく続けられそうなものから始めてみましょう。

バランスの良い食事を
 悪玉コレステロールは動脈硬化を誘発します。規則正しい食習慣と「1日3食腹8分目」を心掛け、よく噛んでゆっくりと食べましょう。悪玉コレステロール値の上昇を抑える青魚や食物繊維を中心とした食事がお勧めです。

リラックスできる時間を
 精神的ストレスは心身ともに大きな負担となります。好きな音楽を聴いたり、本を読んだりするなど、リラックスできる時間を持つよう心掛けましょう。

睡眠不足に注意して
 睡眠不足はストレスの原因になります。毎日十分な睡眠をとるよう心掛けましょう。

喫煙・飲酒はほどほどに
 過度の喫煙や飲酒も動脈硬化を誘発します。吸い過ぎ、飲み過ぎには十分注意しましょう。できれば禁煙しましょう。


編集:株式会社ライフメディコム
制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2009 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.