まぶたがピクピクする・・・眼瞼痙攣
 
 
監修/北村 聖
東京大学医学教育国際協力研究センター 教授


眼瞼痙攣ってどんな病気?
 
 「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」は、まぶたの痙攣のことで、自分の意志とは関係なくけいれん筋肉に収縮が起こる病気です。初期症状がドライアイと似ているために正しい診断がつかないことも多く、そういったケースまで含めると、現在、日本でこの症状に悩んでいる人は数十万人以上に上るといわれています。このうち最も多いのが40代以降の女性、ついで中高年の男性となっています。
 「眼が疲れるとまぶたがピクピクする」「最近まばたきの回数が増えた」「テレビやパソコンがまぶしくて見づらい」「ドライアイの治療をしているのに、ちっとも良くならない」。そんな状態が長引いている人は、眼科で詳しく診察してもらいましょう。

どんな症状が起こるの?
   
 初期症状としては「まぶしい感じ」や「眼が乾いてショボショボする」「まぶたの周りの筋肉階段がピクピクする」などがあります。通常は両眼に症状が現れますが、左右で程度に差があることも少なくありません。やがて症状が進んでくると、まぶたがしょっちゅう下がってくる感じがしたり、さらには全く眼を開けていられなくなり、視力があるにもかかわらず、失明と同じような状態にまで陥ることもあります。
 症状の進行はそれほど早くはありませんが、放っておいても自然に治ることは少ないです。進行の度合いによっては、階段を踏みはずす、電柱にぶつかるなどでケガをしてしまうこともあります。そうなると仕事や買い物に行くのも困難になり、日常生活に大きな支障をきたします。

発症の原因は?
   
 発症の原因については、「大脳の一部が機能障害を起こしている」という説や、「眼瞼炎、結膜炎などのまぶたや角膜の病気が刺激を与えたことによって発症した」「抗うつ薬など別の病気のために飲んだ薬が引き金となった」というケースが報告されています。しかし、まだ完全には解明されていません。そのため、治療は症状を抑える対症療法が中心となっています。


検査と診断
 
 ドライアイか眼瞼痙攣かを判断するために、眼科では次のようなテストが行われます。眼瞼痙攣は、緊張などの精神的影響から診察時に症状が現れないことがあります。まばたきのテストは、そのような場合の症状誘発にも有効です。

強迫性障害の主な治療薬…不安感や憂うつな気分を和らげる

軽瞬テスト:眉毛部分を動かさず、まばたきをゆっくりとリズミカルに行う。
早瞬テスト:できるだけ早くて軽いまばたきを10秒間行う。
強瞬テスト:強く目を閉じ、すばやく目を開ける動作を10回行う。

 そのほか、下まぶたにろ紙を挟んで涙がどのくらい不足しているかを調べるシルマーテストや、CT(Computed Tomography/コンピュータ断層撮影)、MRI(Magnetic Resonance Imaging/磁気共鳴画像)、PET(Positron Emission Tomography/陽電子放射断層撮影)などの画像診断も行います。

 また、正しい診断をするためには、医師に気になる症状をなるべく具体的に伝えることが大切です。



症状が現れたのは、いつ頃からか
症状は片眼にだけ起こるのか、両眼なのか
眼のかゆみや痛みはあるか
症状が起こるのは、ときどきか、四六時中か
まぶしいと感じるのは、どんなときか
どのようにものが見えにくいのか(視力低下と区別するために)
現在服用している薬はあるか(特に精神科・神経科で処方された薬) など

間違えやすい病気
   
  眼瞼痙攣は次のような病気と間違えやすいので注意しましょう。

病名 ドライアイ 眼瞼ミオキミア 眼部チック
症状 眼が疲れやすい、まぶしい、眼が乾く、視野がかすむ、眼の痛みや頭痛など まぶたの一部が自分の意志とは関係なく一時的にピクピクと痙攣。通常は片眼にだけ症状が現れる。眼瞼痙攣の症状とよく似ているが、実際は眼瞼ミオキミアである場合が多い 自分の意思とは関係なく頻繁にまばたきしてしまう、ものが二重に見える、急に視力が落ちるなど
原因 エアコンによる乾燥、コンタクトレンズの長時間装着、パソコンやテレビによる眼の酷使、ストレスなど 疲れやストレス 強い緊張やストレスなど
診断・治療 シルマーテストやドライアイ診断装置などで診断する。ドライアイ用点眼薬の使用、こまめな眼の休息、まばたきを意識的にするなどで改善されることが多い。
重度の場合は涙点プラグ(※1)を挿入する治療法を用いる
まばたきのテストや針筋電図検査(※2)により診断する。疲れやストレス原因の除去により、数日から数週間で治まる 過剰なまばたきなどに対する問診により診断する。ストレス原因の除去や時間の経過により自然に治まることが多い
※1涙点プラグ・・・ シリコン製の小さいプラグを涙の出口に挿入し、涙を眼の表面にためる装置
※2針筋電図検査・・・ 針電極を用いて筋肉の状態を調べる検査


治療法は?
 
 原因不明の病気のため、まだ根本的な治療法は確立されていません。症状を抑えるために薬物内服療法を用いることもありますが、現在ではボツリヌス療法が主流となっています。
 この治療法で用いられる「ボツリヌス毒素」は美容業界でシワとりなどに使用されています。「ボトックス」という言葉なら聞き覚えのある人が多いかもしれませんね。

薬物内服療法
 症状が軽い場合には抗パーキンソン薬、抗コリン薬、向精神薬などを服用します。服用しても改善されない場合には、次に紹介する「ボツリヌス療法」をすすめられることになります。

ボツリヌス療法
 現在、眼瞼痙攣で主流となっている治療法です。痙攣しているまぶたの筋肉にA型ボツリヌス毒素製剤を注射します。注射により神経細胞内に取り込まれたA型ボツリヌス毒素製剤は、筋肉の収縮に関与する神経伝達物質アセチルコリンの放出を抑制します。その結果、症注射器状を軽くすることができます。個人差はありますが、1回の注射による効果の持続は約3〜4ヵ月です。そのため、効果がなくなるたびに再投与する必要があります。まれに、まぶたが閉じにくくなるなどの副作用もありますが、そのほとんどが1ヵ月ほどで消失します。
 「ボツリヌス毒素」といっても、口から入って腸へ大量に吸収されなければ中毒症状は起こりません。眼瞼痙攣の治療として1回に使用されるのは比較的少量なので体への負担も少なく、治療時間も短いため、日常生活に組み込みやすい治療法であるといえます。眼瞼痙攣の治療であれば保険が適用されるという利点もあります。
 また、眼瞼痙攣でのボツリヌス療法は所定の研修を受けた専門医でなければ施術することができません。受診の際に実施可能かどうかを確認しましょう。

ボツリヌス療法を受けてはいけない人
 ・妊娠中の人 ・授乳中の人 ・数ヵ月以内に妊娠を望む男女 ・15歳未満
 ・重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症
   などの疾患がある人
ボツリヌス療法を受ける前に医師と相談する必要のある人
 ・以前ボツリヌス療法を受けて、なんらかの副作用のあった人
 ・体質的にアレルギーの出やすい人

手術
 眼輪筋(※)(がんりんきん)の一部を切除する治療法です。しかし、術後に表情が変わってしまうことがあり、再発もありうることから、よほど重度の場合にしか適用されていません。
 ※眼輪筋・・・眼の周りを取り囲んでいる筋肉


日常生活で気をつけること
 
 一般的に、眼のトラブルの多くは疲れやストレスが引き金となっておこります。日頃から、ちょっとしたことに気をつけて眼をいたわりましょう。

パソコン、テレビはほどほどに
 画面を長時間見続ける生活をしていると、眼の疲れやドライアイ、視力低下を招きます。2時間パソコンの仕事をしたら、15分程度の休憩をとりましょう。

毎日十分な睡眠を
 体と同じように眼もしっかり休ませてあげましょう。

定期的に視力検査を
 気づかないうちに視力が下がっていることもあります。視力に合っていない眼鏡やコンタクトレンズの使用は眼に負担をかけてしまいます。

コンタクトレンズの使用に注意して
 メーカーの指示を超えて長期間連続装着したり、洗浄などのケアを怠ったりすると、大切な眼に深刻なトラブルを招くことも。忙しいときや疲れているときも、面倒くさがらず、こまめにはずしてケアしましょう。


編集:株式会社ライフメディコム
制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2009 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.