日光皮膚炎には気をつけて!
 
 
監修/北村 聖
東京大学医学教育国際協力研究センター 教授


 
 「日光皮膚炎」には、日光を浴びて皮膚が赤くなったり褐色になったりする「日焼け」と、日光に当たることで皮膚炎を誘発する「光線過敏症」の2つがあります。いずれも太陽にさらされた皮膚が紫外線(UV)の刺激を受けることで起こります。太陽光線に含まれる紫外線は、その波長によって紫外線A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)に分けられますが、その中で地上に届く紫外線A波とB波が主に「日光皮膚炎」の原因となります。

   
   
紫外線の種類 特徴 肌に与える影響
紫外線A波
(UVA/長波長
紫外線)
地表に届く紫外線の約90%を占めます。ガラスを通過する性質があります。 皮膚の深い部分まで到達し、肌を赤くする作用は少なく、肌を黒くする作用をもたらします。皮膚の真皮に届くため、弾力やハリを保つための膠原線維(コラーゲン)や弾力腺維(エラスチン)を変性させ、皮膚の老化を早めます。
紫外線B波
(UVB/中波長
紫外線)
紫外線Aよりも強力な刺激を肌に与えます。 皮膚の比較的浅いところまでしか届きませんが、赤くヒリヒリと炎症を起こす原因となります。皮膚細胞の遺伝子DNAに傷をつけ、シミやしわを作ったり、大量に浴びることで皮膚ガンを発生させたりすることもあります。
紫外線C波
(UVC/短波長
紫外線)
波長の短い光線で、オゾン層によって吸収されるため地表に届くことはほとんどありません。 仮に皮膚に当たった場合、紫外線A波、B波によりもはるかに皮膚ガンをもたらす光線とされています。今後、環境問題となっているオゾン層の破壊が進行すれば、紫外線C波の影響も心配されます。

   
 日光が体にもたらす悪影響のほとんどは紫外線B波によるものです。紫外線B波は、日焼けによる炎症、皮膚の早期老化、しわ、シミ、皮膚がんなどの原因とされています。
 日本の夏は、冬の約5倍近い紫外線B波が地表に降り注ぎます。紫外線量は時間帯では午前10時から午後2時ごろまでが最も多く、正午前後がピークとなります。太陽からの直射に加えて、地表からの反射(※)も十分に注意が必要です。
※地表からの紫外線反射に注意が必要な場所:海やプール、スキー場のゲレンデ、コンクリートで鋪装された道路など

   
 日焼けをして皮膚が赤くなった後、4〜5日経つと赤かった皮膚が褐色に変わっていきます。皮膚が赤くなる日焼け直後の状態をサンバーン(sunburn)、褐色の色素沈着が起こる反応をサンタン(suntan)といいます。サンタンは皮膚の色素細胞(メラノサイト)が紫外線に刺激されてメラニン色素を作ることによって起こります。メラニン色素は、紫外線を吸収することで、その攻撃から皮膚を守り、DNAに傷がつかないようにしています。紫外線に対してサンバーンを起こしやすいのは、色素細胞が少ない白い肌の人です。自分の肌が紫外線に対して、どのような感受性をもっているかを知って、日常生活で適切な紫外線対策をすることが大切です。


 
 日焼けは日光によるやけどです。主に紫外線B波(UVB)が関係しています。紫外線に当たったところの皮膚が赤くなって痛み、ひどい場合は皮膚が腫れて水ぶくれができることもあります。日焼けをして数時間たったころから症状が現れ、24時間後に最も強くなります。日焼けがひどい場合には、発熱、悪寒、脱力などの症状が起こることもあります。熱射病を合併することもあり、その場合には入院して治療が必要になります。

   
光線過敏症には、薬剤などが要因となる外因性と遺伝疾患や代謝疾患などによる内因性の2つがあります。主に紫外線A波(UVA)が関係しています。
光線過敏型薬疹 ・・・
個人差により、薬を飲んでいると普通に生活しているだけで、日光が当たるところに発疹ができることがあります。降圧薬(血圧を下げる薬)、抗菌薬(化膿止めの薬)、消炎鎮痛薬(痛み止め・熱さましの薬)などで起こります。
多形日光疹(たけいにっこうしん)・・・
女性や日光に当たる機会があまりない人に多くみられます。症状としては、日光に当たった腕や手の甲などに複数の発疹が生じます。食べ物や薬剤などの中に紫外線を過敏にする物質(光感作物質)が含まれていて、それらを摂取した場合に少量の紫外線にも反応して炎症を起こします。
慢性光線性皮膚炎・・・
中年以上の男性に多く,日光が当たったところに激しいかゆみを伴う慢性的な発疹で、日光が当たらない状態になると数時間で消えます。皮膚の広範囲にできると、頭痛、体力減退、吐き気などを伴う場合もあります。
 他には、全身性エリトマトーデス(膠原病)が原因となって、日光に当たった皮膚が損傷を受ける光線過敏症などがあります。


 
 紫外線の影響を受けた場合、光線過敏症かどうかを調べるため、紫外線を皮膚の一部に当てて反応を観察する光線検査を行うことがあります。この検査では、どの程度の光量や波長で紅斑(光の当たったところだけ生じる赤み)が出現するか、光線を当てることで実際に皮膚にできた発疹と同様の発疹ができるかなどを観察して判定します。


 
 日焼けは、日光に長く当たったという経過、境界がはっきりした炎症、露出した部分の赤み、もしくは水ぶくれという症状から容易に診断ができます。皮膚が露出した部分だけに発疹ができた場合は光線過敏症を疑います。


 
 日焼けをした皮膚は早めの治療が大事です。熱を帯びてヒリヒリした患部に冷たい水を含ませたタオルなどをあてがいます。
 治療薬は皮膚の痛みや炎症に応じて、非ステロイド性消炎鎮痛薬や副腎皮質ステロイド薬を使います。日焼けが広範囲に及んでいたり、痛みが強すぎて軟膏を塗ることができない時は、スプレータイプの薬を使う場合もあります。日焼けした皮膚は数日のうちに自然に治りはじめますが、完全に元の状態に戻るには数週間かかります。炎症が治まった後も、皮膚は乾燥した状態になっているので、化粧水や乳液などで水分と油分を補うことが必要です。

   
非ステロイド性消炎鎮痛薬
シクロオキナーゼ活性阻害・OTC薬外用薬(インドメタシン・ケトプロフェンなど)
副腎皮質ステロイド薬
酸化亜鉛
グリチルリチン酸・グリチルレリン酸


 
 光線過敏症の治療薬としては、軽症の場合は抗アレルギー薬、重症の場合は副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制薬を使います。
 外出時には、直射日光を避け、肌に合ったサンスクリーン剤(日焼け止め)を使用することが大切です。サンスクリーン剤は、紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」と紫外線を反射させる「紫外線散乱剤」を主成分として構成されています。
紫外線吸収剤 … 紫外線を吸収して熱エネルギーに変えることで、紫外線が皮膚の中に入るのをくい止める作用があります。パラアミノ安息香酸誘導体、ケイ皮酸誘導体、ジベンゾイルメタン誘導体など
紫外線散乱剤 … 物理的に紫外線をはね返す作用があります。酸化チタン、酸化亜鉛など、肌が荒れたりかぶれたりすることもあるので、肌の丈夫でない人や毎日使用する場合には注意が必要です。


 
 サンスクリーン剤は日光をどの程度防げるかを示すSPF(Sun Protection Factor)値とPA(Protection grade of UVA)値という数値によって分けられています。「SPF値」はサンスクリーン剤を塗っていない素肌と比べて、日焼けするまでの時間を何倍に延ばすことが出来るかという目安の値です。(例/SPF10は、日焼けするまでの時間を10倍に延ばせる)「SPF値」が大きいほど、紫外線B波の防御効果が高くなります。
 一方の「PA値」は、+、++、+++の三段階に分かれており、紫外線A波を防御効果の高さで表しています。
SPF値 PA値
0〜12 … UVB防止効果がある 
13〜29 … UVB防止効果が高い
30以上 … UVB防止効果が非常に高い
※注意 SPF値が高いと、肌がかぶれたりアレルギー反応を起こしたりする場合があります。
PA+ … UVA防止効果がある
PA++ … UVA防止効果が高い
PA+++ … UVA防止効果が非常に高い
※注意 PA値が高いと、肌が乾燥しやすくなります。

   
 一見健康的にみえる日焼けは、実際には健康上のメリットはまったくありません。外で活動する場合、皮膚が赤くなる兆候が現れたら、できるだけすぐに日陰に移動してください。
 強い直射日光に当たらないようにするために、日傘を使う、サングラスをかける、つばの広い帽子をかぶる、長そでを着る、建物や車の窓ガラスにUVカットフィルムを貼るなどして紫外線対策を心掛けましょう。
 食生活にも注意をはらい、普段からビタミンCやEを摂るなどして紫外線に負けない体づくりをすることも大切です。

   


編集:株式会社ライフメディコム
制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2009 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.