パーキンソン病って、どんな病気?
 
 
監修/北村 聖
東京大学医学教育国際協力研究センター 教授


   パーキンソン病は、1817年にこの病気を初めて報告したイギリス人のジェームズ・パーキンソンという医師の名前から由来する病名です。
 この病気は、脳の中の神経に異常が起こることで発病しますが、若い人には少なく、普通40〜50歳以降にみられることが多いとされます。
   

   脳は、大脳、小脳、脳幹(のうかん)に大別されます。パーキンソン病では、脳幹に属する中脳の「黒質(こくしつ)」という部分と、大脳の大脳基底核(だいのうきていかく)にある「線条体(せんじょうたい)」という部分に異常が起こっていることが明らかにされています。
 
脳の断面図
 脳は神経細胞の集合体です。脳では、神経細胞のネットワークがさまざまな情報伝達を行い、体全体のバランスを保ち、生命を維持するように働いています。この神経細胞同士の情報伝達には、「ドパミン」「セロトニン」「アセチルコリン」といわれる神経伝達物質が欠かせません。
 パーキンソン病では、黒質に異常が起こって正常な神経細胞を減少させるため、そこでつくられるドパミンの量が低下し、黒質から線条体に向かう情報伝達経路がうまく働かなくなっている状態ということがわかっています。このため、姿勢の維持や運動の速度調節がうまく行えなくなるなど、パーキンソン病特有の症状が現れると考えられています。
 黒質でつくられるドパミンの量が正常な人の20%以下まで低下すると、パーキンソン病の症状が現れるといわれています。

   パーキンソン病の主な初期症状には、「ふるえ」「固縮」「無動」「姿勢障害」の4つが知られています。
   
 ふるえは、「静止時振戦(せいしじしんせん)」といわれ、じっとしている時に手や足にふるえが現れることが特徴です。例えば、手を膝に置き、じっと座っていると膝の上の手がふるえだします。手を膝から離して何かをしようとするとふるえは消えます。
     
   
固縮 筋肉がこわばって、手や足の動きからスムーズさが失われ、固く縮んだようになります。
無動 椅子に座ったとき、足や手をゆらすことが少なくなります。人より遅れて歩くようになる、まばたきの回数が減る、字を書くと小さな字になる場合があるというように、健康な人に比べて体の動きが異常に少なくなります。
姿勢障害 体の姿勢を変えようとするときにスムーズにできなくなります。立っているだけでは問題がありませんが、人とぶつかったり、押されてバランスを崩したときなど、元の姿勢に戻ることがスムーズにできなくなります。

     パーキンソン病には、4つの症状以外にも、便秘、排尿障害、立ちくらみ、発汗異常(汗をかきやすい)といった自律神経症状があります。
 また、気持ちが落ち込む、うつ症状も知られています。
   

   神経疾患の臨床検査には、血液検査、X線検査、CT検査、MRI検査などがありますが、パーキンソン病はこれらの検査で、異常がみられないことが特徴です。
 パーキンソン病と似た症状がみられる主な病気には、脳腫瘍、硬膜下血腫、脳梗塞や脳出血などがあり、これらの病気はCTやMRIではっきりと区別することができます。
   

   ふるえや他に自覚症状があるなど、パーキンソン病が疑われる場合は、内科医、なかでも神経内科など神経の専門医を受診したほうがよいでしょう。
 普通、発症初期のふるえは体の片側にみられることが多く、やがて体の両側に現れるようになります。
 薬が原因のふるえもあるため、問診では他の病気の治療をしていないか、また、治療をしている場合はどんな薬を服用しているかということが重要になります。もし服用している薬があれば診察の時に持参して、みてもらうとよいでしょう。

     パーキンソン病は進行すると、自分一人では日常生活を送れなくなり、悪化するといわゆる「寝たきり」になります。
 一方、この病気の進行の速さは個人差が極めて大きいこともわかっています。
 早期から適切な治療を行うことで進行を遅らせ、日常生活に支障の出ないようにすることが大切です。

     パーキンソン病の初期症状とまぎらわしい病気に、高齢者に多い「本態性振戦(ほんたいせいしんせん)」といわれる、ふるえを主な症状とした病気があります。
本態性(ほんたいせい)とは、原因が不明という意味で、原因はわかりませんが手や足、アゴなどがふるえる病気です。
 パーキンソン病は何か動作をしようとするとふるえは止まりますが、本態性振戦は、逆に動作によりふるえが起こります。水を飲もうとして、グラスを口に持ってこようとしてもふるえが激しくてこぼしてしまう、あるいは字を書こうとしても手がふるえて書けないというような症状がみられます。
   

   治療の目的は症状を軽減し、日常生活に支障をきたさないようにすることです。
  基本は薬物治療になります。薬物の効果がみられないなど、一定の条件を満たした場合に手術療法が行われることがあります。
 また、運動機能の低下を防ぐためにリハビリテーションも行います。

     パーキンソン病の主な治療薬には、「L-ドパ」、「ドパミン受容体刺激薬」、「抗コリン薬」、「ドパミン放出促進薬」、「ノルアドレナリン補充薬」があります。薬物療法では、症状に応じてこれらの薬を組み合わせて使用します。
   
L-ドパ L-ドパは、ドパミンの1つ手前の化合物で、脳に入ってドパミンに変わります。脳で不足しているドパミンを補うために飲む薬ですが、ドパミンでは脳に届きません。L-ドパで飲むと、その一部が脳に入り、ドパミンに変わってドパミン受容体に作用することが可能となります。
ドパミン受容体刺激薬 この薬は、ドパミンを受け止めるドパミン受容体を刺激してL-ドパの効果を高めます。L-ドパと一緒に使われることの多い薬です。
抗コリン薬 パーキンソン病では、脳内のドパミンの量が減っていることでアセチルコリンとのバランスが崩れ、アセチルコリンの作用が強く出ていると考えられます。このため抗コリン薬を投与してアセチルコリンの作用を弱め、ドパミンとのバランスの回復をはかることで症状を改善します。
ドパミン放出促進薬 低下したドパミンの量に対して、放出の促進をはかり、ドパミンの量を増やそうとする薬です。
ノルアドレナリン補充薬 パーキンソン病では、歩いているうちに足がすくんでスムーズに歩けなくなる「すくみ足」という症状があります。
ノルアドレナリン補充薬は「すくみ足」に対して効果が期待できます。

   
   
 パーキンソン病の薬物療法では、どの薬でも共通した副作用として幻覚や幻視などの精神症状が知られています。もしも、見えるはずのないものが見えたりした場合は、すぐに主治医に相談しください。場合によっては、薬の変更や中止といった副作用対策が必要になります。
   
   
   
 パーキンソン病の治療薬は、効果が現れるまでに時間がかかることや、副作用として精神症状以外に吐き気などの消化器症状が現れる場合もあります。また、長期間飲んでいると効果が低下してくる場合もあります。
 どのような場合でも、自己判断で薬を中止することは危険です。
 急に薬を中止すると、悪性症候群といわれる高熱、体の硬直、意識障害など重い症状が現れることがあります。
薬を止めたいと思ったときは、必ず医師と相談してください。

うつ病対策
パーキンソン病では、うつ病の合併が多いことが分かっています。
落ち込みや意欲低下、食欲不振、不眠などの軽いうつ症状に、家族のほうが先に気がつくかもしれません。
うつ病には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再吸収抑止物質)など症状の改善をはかる、効果的な薬がありますので、ためらわず主治医に相談してください。
   


編集:株式会社ライフメディコム
制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2009 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.