医療情報一覧へ

 
肌と健康の敵「紫外線」


 

4〜9月は一年の中で最も紫外線の量が多い時期。紫外線は美容だけでなく、健康にも悪影響を及ぼすだけに、外出やレジャーでのUV対策はしっかり行いたいところです。紫外線で傷ついた肌細胞は新陳代謝に大きな影響を与え、シミやくすみの原因になるばかりか、白内障など目のトラブルも引き起こします。美肌の敵、健康の敵である紫外線対策、しっかりと行っていきましょう。



 
紫外線とは?
    太陽の光に含まれる紫外線は、波長の違いで種類にわかれます。そのうち、地上まで到着するのがA波(UV−A)とB波(UV−B)です。

A波(UV−A)
A波は波長が長いため、真皮の奥までじわじわと影響を与えます。私たちが浴びる紫外線の4〜9割以上がA波です。ガラスを通り抜けるほどの威力を持っているため、レストランなどの室内にいても窓際なら浴びてしまいます。

B波(UV−B)
一方、波長の短いB波は、A波に比べて量は少ないかわりに強いエネルギーを持ち、皮膚に対する刺激が強いのが特徴です。日焼けで炎症を起こして赤く腫れ上がるのはこのB波の仕業です。

 
紫外線トラブルの症状
    紫外線によるダメージは蓄積されると、同じ年齢でもシミが多くなったり、ハリがなくなったりと、肌の若々しさに差が生まれてきます。特にターンオーバーが乱れてくすみがちな肌にシミの発生が重なると、肌の透明感はますますなくなる悪循環に陥り、見た目年齢がさらにダウンしてしまいます。

また、紫外線はシミやそばかす、しわなどを作るだけでなく、最悪の場合「皮膚がん」を起こすなど肌への影響が顕著です。さらには、目にもダメージを与え、失明に至るともされる白内障を引き起こすこともあります。免疫力を低下させ、感染症などになりやすくなってしまいます。

 
紫外線トラブルの対策と処置
    紫外線を浴びて肌が赤くなったら炎症の証です。水で冷やし、ほてりをしずめましょう。ビタミンEやCを含んだクリームを塗るのもおすすめです。ビタミンEは炎症をしずめ、ビタミンCは肌の弾力のカギであるコラーゲンの生成にも関与しています。これらの成分を含む食材を積極的に摂るのもよいでしょう。

ビタミンEの代表食材
玄米、ごま、ピーナッツ、大豆、アボカド

ビタミンCの代表食材
みかん、いちご、緑黄色野菜

また、紫外線によって水疱ができたり、発熱や頭痛が生じたときは医療機関を頼ってください。

 
紫外線トラブルの予防法
    紫外線対策は、まさに見た目年齢の要です。「肌は紫外線で歳をとる」といっても過言ではありません。いま目に見えるトラブルがなくても、紫外線に無防備でいると、数年後は後悔することになりかねません。

日差しの強い弱いに関わらず、夏場はきちんと日焼け止めを使いましょう。首のうしろや手の甲などにもムラなく塗ってください。曇りでも影響はあるため、塗り忘れは禁物です。日焼け止めにも種類があり、シーンに合わせて選ぶと効果的です。SPFやPAの数値が高いほどガードしてくれますが、肌に負担を感じる方もいるはず。肌質も配慮しましょう。

子供は大人と同じ日焼け止めを使うと毛穴をふさいでしまいニキビになりやすいので、子供用を使うことをおすすめします。
▲TOP

制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2016 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.