COPD(慢性閉塞性肺疾患)
 
 
監修/北村 聖
東京大学医学教育国際協力研究センター 教授


 
 COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:慢性閉塞性肺疾患)は、息をするときに空気の通り道となる気管支や肺に障害が起きて、呼吸がしにくくなる肺の「生活習慣病」で、喫煙と深い関わりがあります。以前は「肺気腫」と「慢性気管支炎」に分けられていた病気を、まとめてCOPDと呼ぶようになりました。
 日本における、COPDの発症率は40歳以上で高く、その患者数は530万人以上といわれています。


 
 COPDにかかると、風邪をひいているわけでもないのに咳(せき)や痰(たん)が出ます。病状はゆっくりと進行していき、次第にちょっとした動作をする際にも、息切れや息苦しさを感じるようになります。さらに進行すると呼吸困難になり、日常生活に支障をきたします。重症になると呼吸不全に陥ったり、全身に障害が現れたりすることもあります。
  正常な肺 COPDの肺
肺の状態  
気管支 気管支内部がきれいなので、正常な呼吸ができる。 気管支の壁は厚く腫れて、内部が狭くなり、呼吸をしづらくなる。分泌物の痰が増え、しつこい咳が出る。
肺胞 一つひとつの肺胞がしっかり機能していて空気がスムーズに出入りする。 肺胞が破壊されて大きな袋状になる。肺自体の弾力性・収縮性が低下する。
※肺胞・・・ 気管支の先にある小さなブドウの房の形をした器官。
肺胞は再生しないため、いったん破壊されると機能は回復しない。

   
 COPDの患者が、風邪やインフルエンザなどにかかると、それが原因となって病状が急激に悪化することがあります。重症化すると、呼吸困難、喘息のような発作、痰の量が増える、肺炎などの症状が出ます。
 いったん重症化すると治療によって症状が改善したとしても、呼吸機能は以前よりも低下してしまいます。手洗い・うがいの習慣、インフルエンザワクチンの予防接種を受けるなど、これら感染症にかからないように注意することが大切です。


 
 COPDの診断では、胸部X線(レントゲン)検査・CT(コンピュータ断層撮影)検査やスパイロ検査などを実施します。

   
 肺の状態を観察するために胸部X線検査やCT検査を行うことがあります。肺や気管支の状態をさらに詳しく調べるために、HRCT(より精密に撮影ができる高分解能CT)やヘリカルCT(X線を体にらせん状にあてて、体の内部を立体的にみるCT)などの検査をすることもあります。

   
 スパイロ検査はCOPDの診断には欠かせません。この検査では、スパイロメーターという測定器械を使い、肺活量と息を吐いた時の空気の通り具合を調べます。検査方法は、測定用のマウスピースをくわえた状態で、いっぱいに吸った息をできるだけ速く吐きだすという簡便なものです。
努力肺活量(FVC):息を思いきり吸ったあとに強く吐き出した息の最大量
1秒量(FEV1:最初の1秒間に吐き出せる量
1秒量を努力肺活量で割った「1秒率(FEV1%)」が70%未満であると、COPDと診断されます。
1秒率(FEV1%)1秒量/努力肺活量(FVC)×100%
1秒率(FEV1%)70% のとき COPD


 
 COPDは進行性の病気です。現在の医学では根本的に治すことはできませんが、早期に診断を受けて治療を開始すれば、呼吸機能の低下を食い止められ、健康な人と変わらない生活を続けることができます。
 一般的に治療には長い時間を要するので、日常生活の自己管理を行うことが重要になります。喫煙している場合は何をおいてもまず禁煙です。

   
 COPDの治療では禁煙が第一となりますが、そのほかに薬物療法、呼吸理学療法など、さらに重症の場合は、酸素療法や外科的療法がとられることもあります。
 一般的に、これらの療法を包括した「呼吸リハビリテーション」というプログラムに沿って治療が進められます。これは、医師をはじめ各専門分野の医療関係者がさまざまな観点から、個々の患者さんの病状に応じた治療を組み合わせて行うプログラムで、QOL(生活の質)の維持・改善に大きな効果が期待されています。
呼吸リハビリテーションのプログラム
・禁煙 ・薬物療法 ・呼吸理学療法(運動療法など)
・栄養指導 ・酸素療法 など

   
 COPDの薬物療法の中心は気管支拡張薬です。そのほか必要に応じて、痰をとる去痰薬、咳を止める鎮咳薬、感染症を防ぐ抗生物質などを使います。重症の場合はステロイド薬を用いることもあります。
抗コリン薬(吸入薬)
副作用も少なく1回の吸入で効果が長持ちする。
気道の閉塞を起こす要因となるアセチルコリンのはたらきを抑制する。
  副作用 … 前立腺肥大や緑内障の人は悪化することもある。
β2刺激薬(吸入薬・経口薬・貼付薬)
気道まわりの筋肉(気道平滑筋)にある特定部位(交感神経のβ2受容体)を刺激して気管支を拡張し、呼吸しやすくする。
  副作用 … 動悸・高血圧・足がつる・筋肉痛、手指のふるえ など。
メチルサンチン(経口薬)
ほかの気管支拡張薬と併用して用いることがある。
  副作用 … 頭痛、不眠、吐き気、不整脈 など。
  痰を出しやすくしたり、痰の量を調整したりする。
  副作用 …吐き気、嘔吐、発疹など。
  強力な抗炎症作用がある。重症化を防ぐ効果などがある。
 
副作用 …吐き気、嘔吐、発疹など 長期間の服用では呼吸不全・感染症 など。

   
 COPDの進行で失われた肺の機能を元通りにすることはできません。そこで、残った肺の機能を最大限生かして楽に呼吸ができるようトレーニングするのが、呼吸理学療法です。具体的には、「口すぼめ呼吸」「腹式呼吸」の練習をします。
口すぼめ呼吸のコツ 腹式呼吸のコツ
軽く口を閉じて鼻から息を吸います。
口をすぼめてゆっくりゆっくり息を吐きます。息を吐くときは吸うときの2倍くらいの時間を目安にします。

仰向けに横たわり、左手は胸、右手はおなかにのせます。
「口すぼめ呼吸」で息を吐いたら、おなかをふくらませるようにして息を吸います。
 その他、気道内にたまった痰をとる排痰法、呼吸の時に使う筋肉のストレッチを行う呼吸筋トレーニング、胸郭可動域訓練(胸郭の関節可動域を広げる訓練)などを組み合わせて行います。



   
 COPDは必ずしも安静を保たなければならない病気ではありません。運動をすることで体力や筋力が増し、病気に対する抵抗力がつきます。症状や体力に合わせた運動を選び、定期的に続けてください。
 体力を維持するための運動としては有酸素運動がおすすめです。中でもあまり無理をせずにできるウォーキングが最も適しています。歩くときには上体をまっすぐにして背筋を伸ばし、意識してリズミカルに進むようにします。1日20〜30分程度を目標に歩くようにしましょう。

   
 COPDは自己管理が何よりも大切です。快適な生活を送るために、普段から次のような点を心掛けて、息切れによる苦痛を少しでも軽くしましょう。
着替える時は、前屈みになると呼吸が苦しくなるので椅子に腰掛ける。
入浴時は、水圧が胸部までかからない半身浴にする。
睡眠時間を十分に確保する。寝る前に痰を出しておく。
栄養バランスのとれた食事をとる。
水分不足に注意する。(痰が出しにくくなるため)
外出から帰った際の手洗い・うがいを習慣づける。
インフルエンザワクチンを接種する。(重症化予防のため)

   
▲TOP

編集:株式会社ライフメディコム
制作:エンパワーヘルスケア株式会社
ご利用規約
Copyrights ©2009 Empower Healthcare K.K. All rights reserved.