インフルエンザは冬に流行する

毎年12月から3月にかけて決まったように流行するのがインフルエンザです。
インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスが活動しやすい環境は、摂氏20度前後、湿度20%前後ということがわかっています。
冬季は、特に湿度が低いという点でこのウイルスが活動しやすくなる季節といわれています。
また、冬季は身体も細菌やウイルスに侵入されやすい状態になると考えられています。

インフルエンザウイルスの侵入経路
(1) 空気中に含まれるウイルスやゴミ、細菌などの異物が気道(呼吸時の空気の通り道)の表面を覆っている粘液に付着します。
(2) 気道の表面を覆う繊毛(せんもう)細胞の働きで粘液を外へ外へと送り出し、痰(たん)として排出する繊毛運動がウイルスの侵入を防ぎます。
(But)
寒い時期は体温を保つため血管が収縮し、気道粘膜の血流も悪くなり、繊毛運動の働きが低下します。その結果、ウイルスが侵入しやすい状態を招いてしまいます。

インフルエンザは、法律で定められている感染症
厚生労働省は国民の健康に影響を及ぼす恐れのある重要な感染症について、その発生を監視しています。
定められた医療機関では、インフルエンザが発生した場合、診断した医師が厚生労働省に届け出ることになっています。
インフルエンザを重症の風邪と考えている人も多いでしょうが、実は国家的な規模で監視を行う必要のある重要な感染症の1つなのです。
インフルエンザウイルスなどの微生物を病原体と呼び、こられの病原体が体に入ることで起こる病気のことを感染症と言います。

次へ
TOP「インフルエンザかな?と思ったら」
SITE TOP