医療法人 飯塚クリニック/よくある質問

最近、夜のトイレが近いのですが、、、。
夜間のトイレの回数は、正常であれば0〜1回という程度です。ただ、2回トイレに起きる方でも、特に昼間眠くなるようなことが無ければ問題となるものではありません。
夜間の頻尿の原因としては、男性の場合『前立腺肥大症』に伴うことが多く、女性場合『膀胱の蓄尿力の低下』に伴うことが多いです。
治療方法もさまざまですので、専門医に相談されるのがよいと思います。
咳やくしゃみでおしっこがもれることがありますが、治りますか?
40歳以上の女性の約30%に失禁があると言われています。
一口に失禁と言っても
1 くしゃみ、咳などでもれる→腹圧性尿失禁
2 尿に行きたくなると我慢できず、トイレが間に合わない→切迫性尿失禁
3 冷たい水などで手を洗うと突然もれる→反射性尿失禁
があります。
これらが混合していることもあります。治療としては、薬の内服や骨盤筋を鍛える体操などがあります。
検診はおこなってますか?  
・一般検診
・就労時検診
・前立腺癌検査
他各種検診は随時受け付けております。
気軽にご相談ください。
子供のおねしょが治りません
おねしょ(夜尿)というのは、小さいお子さんであれば必ず通る道です。食生活、飲水量、ストレスなどさまざまな理由によって夜尿が続くことがあります。
また、昼間にもらしてしまう場合には二分脊椎と言われる病気が隠れていることもありますので、一度来院して相談させてください。
尿の勢いが悪いのですが、、、(男性)
尿は膀胱で貯められ尿道を通って出てきます。尿の勢いというのは、排尿時の膀胱の収縮力と尿道の通貨性で変わってきます。
男性の場合、膀胱の下にある前立腺という部分が肥大すること(前立腺肥大症)で尿道が圧迫され尿の通過が悪くなり勢いが低下することが多くあります。
治療としましては、ます内服薬を用いた治療を行い、改善が無い場合は手術治療が行われます。
ED(勃起障害)と薄毛について
壮年男性の悩みとしてよくある質問です。
現在、日本では2種類のED治療薬と1種類の薄毛治療薬が販売されています。
これらの治療に関しては、現在保険治療の適応が無く自費診療となっています。ED治療にしても薄毛の治療にしてもすべての方に効果があるというものではなく、実際に治療をしてみないとわからない部分もあります。
ただ、ED治療薬に関しては副作用として勃起が治らなくなる持続陰茎勃起症という症状が出ることもあります。また、薄毛の治療薬に関しても勃起障害や前立腺腫瘍マーカーといわれる前立腺癌の検査データを低くしてしまうとことがありますので、やはりこれらの薬に関しましては泌尿器科で処方していただくのが安心ではないかと思います。
泌尿器科以外の診察は可能ですか?
泌尿器科、内科疾患はもちろんのこと他の科に関しても診察させていただいております。必要に応じて近隣の専門病院と連携をとる様に案内させていただいております。