医療法人社団 宝来中央歯科/医師のご紹介


医療法人社団 宝来中央歯科/院長からのご挨拶



 大学付属病院勤務時代は、歯科医療の発展と最先端の医療技術を習得するために努力してきました。
開業した今はいかに地域住民のニーズに答えるかが一番の目標であり、地域住民のQOL向上に貢献すべく努力しています。  
 更に、患者さんが歯科医院を選ぶ時代が到来し、旧態然とした歯科医師中心の診療から脱却し患者さん本位の診療を構築すべきであると考えております。そこで、本診療所は理事長を始め理事、勤務歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、事務受付全員が患者さんのニーズに対応すべく一層の努力を心がけております。
 また、良質な医療を目指し診療所の設備充実を図るために、1997年には歯科用レーザーを導入し、2001年には廃液による地球環境破壊と被爆量を考慮しレントゲン写真のデジタル化を開始(2011年3Dレントゲン設置)、2002年には来院患者さん数の増加に伴い診療台増設に伴う診療所の増改築、2004年には良質な歯科医療を継続的に提供し診療所の適正化を図るためにその基盤として医療法人を設立し運営いたしております。2006年には閉院する歯科医院を継承し、タウン歯科(帯広市西4条南19丁目1番地 【Tel】0155-24-5812)を開業いたしました。また、同年臨床研修指導歯科医を取得し(2007年には理事も取得)、将来の歯科医療を担う臨床研修歯科医を受け入れるべく臨床研修施設指定を受けました。2008年には地球温暖化阻止に一役買うために太陽光発電システムを導入、2016年太陽光蓄電池を設置し電力の節約を行っております。2016年には自院にCAD/CAM機を導入し歯冠補綴物の製作を開始した。

 皆様の健康向上に少しでも貢献できますことを喜びといたします。
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

【理事長・院長】 田中 義博


院長の経歴

1957年 4月30日  音更町東士幌生まれ
1976年 3月  北海道帯広三条高等学校 卒業
1982年 3月  東北歯科大学(現奥羽大学)歯学部 卒業
  4月   同 歯科補綴学第2講座入局・附属病院 勤務
1992年 11月  医療法人社団宏和会 日精歯科鳩ヶ谷診療所 勤務
1994年 6月  宝来中央歯科(音更町)院長
2004年 4月  医療法人社団 宝来中央歯科理事長・院長
2006年 3月  臨床研修指導歯科医(厚生労働省)となり臨床研修施設指定を受ける
2006年 6月  医療法人社団 宝来中央歯科・タウン歯科 開業
  (田中早苗;理事・院長 日本歯科医師会 会員)

所属学会・認定医など

≪資格≫
歯科博士
日本補綴歯科学会専門医・指導医
日本学校歯科医指導医
日本体育協会認定スポーツデンティスト

≪所属学会≫
日本補綴歯科学会  日本歯科医学会
日本歯周病学会  日本レーザー歯学会
日本顎顔面補綴学会  日本スポーツ歯科医学会
大韓歯科補綴学会  奥羽大学歯学会
大阪歯科学会  日本歯科医師会
日本学校歯科医会  北海道警察歯科協力医会
Er.YAG レーザー臨床研究会  


医療法人社団 宝来中央歯科/スタッフのご紹介



 お口の中のクリーニング・健康相談・疑問などがございましたら、お気軽にご相談ください。