カウンセリング

カウンセリングについて

リワークプログラム

リワークプログラムについて

リワークプログラムの流れ

リワークプログラム参加までの流れについて

自立支援医療制度

自立支援支援制度について

介護事業

介護事業について

個人情報保護方針

個人情報保護方針について

リワークプログラム

リワークプログラムについて

★リワーク・プログラム参加対象者(すべてに該当する方に限ります)
・ICD10による気分障害(F30−F39)または神経症性障害、ストレス関連障害(F40−F43)と診断されている方 
・現在、休職中で、強い復職の意志をもっている方
・休職期間が6ヵ月以上残っている方
・睡眠のリズムが整っていて、週3日以上のプログラム参加が可能な方
・当院の規則に従うことができる方
・心理アセスメントで、参加が適切と認められる方
・主治医から、当院のリワーク・プログラム参加が認められた方

 

★リワーク・プログラムの特徴
・当院のリワーク・プログラムは、ICD-10による気分障害(F30-F39)、神経症性障害、ストレス関連性障害(F40-F43)で休職している方の復職支援を行うプログラムです。当院には、2008年からリワーク・プログラムを続けてきた実績と蓄積したデータがあります。その経験から、Basicから始めて、Advanceに進めていく2段階方式を取っています。 
・Basicでは、1日3時間、作業や運動を中心とした負担の少ないプログラム構成になっています。プログラムや活動記録表を通して、理解力や行動力、コミュニケーション力などの現状を把握し、休職原因や問題点をより正確に分析していきます。 
・Advanceでは、1日6時間、休職原因や問題に対する複数の対処方法などを学びます。
社会生活を安定させるために、性格傾向や考え方の癖を修正したり、ストレスマネジメントの方法を覚えたり、コミュニケーションスキルを磨いたりします。最終的には、自分らしい働き方(信念)を明確にして、ストレスに負けないための再発予防につなげます。 
・職場復帰をするうえで、医療機関と職場の連携はとても重要です。そのために、プログラムに参加中は月1回、産業医宛に診療情報提供書を送ります。
また、ご希望があれば、職場の担当者と当院の専門スタッフ(精神保健福祉士・臨床心理士)が面談を行うことも可能です。 
(企業相談 30分 3500円:保険適用外) 
・リワーク・プログラムを卒業した人は、月1回行われているフォローアップに半年間、必ず参加していただきます。理由は、復職から半年以内の再発率が高いからです。フォローアップでは、職場への適応度や感情の変化などに注意をし、再発を予防していきます。 

リワーク・プログラムの全体像

Basicの目的:病気に対する理解/気分のセルフ・コントロールを高める/基本的な生活リズムを確保する
Advanceの目的:気力と体力の向上/原因分析から再発予防へ/将来のビジョン再構築
リワーク全体の目的:「自分らしい働き方」の獲得

 ★ Basicに参加が可能な方(すべてに該当する方に限ります)

・ICD10による気分障害(F30-F39)または神経性障害、ストレス関連障害(F40-F43)と診断されている方
・現在、休職中で、強い復職の意志をもっている方
・休職期間が6ヶ月以上残っている方
・睡眠のリズムが整っていて、週3日以上のプログラム参加が可能な方
・当院の規定に従うことができる方
・心理アセスメントで、参加が適切と認められた方
・主治医から、当院のリワーク・プログラム参加が認められた方(紹介状が必要です)
◆体調不良で3回休んだら、Basicの待機に戻ります。

 ★ BasicからAdvanceに移行できる方(すべてに該当する方に限ります)

・週5日のBasic出席が連続して4週間以上できている方
・生活リズムが規則的になっている方
・病気に対する理解ができている方
・自分の性格や認知の特徴を把握している方
・休職原因を認識している方
・活動記録表を作成できる方
・きちんとした話し合いができる方
・自ら目標と計画を立てて、実行することができる方
・周囲に配慮した行動ができる方
◆体調不良で3回休んだら、BasicまたはBasicの前の段階に戻ります。

 ★ 修了証の基準(すべてに該当する方に限ります)

・Advanceの出席率95%以上
・復職に対して十分な意欲がある
・1人で安全に通勤が可能である
・所定労働時間の就労が可能である
・業務に関する作業が可能である
・適切な生活リズムが整っている
・作業による疲労が翌日までに回復する
・業務に必要な注意力や集中力がある
・休職遠因を把握し、再発防止ができる
■Advanceは、3か月で修了となります。修了証は、前述の基準を全て満たした場合に、お渡しします。

★Basicコース<15時〜18時>(参加条件は上記のとおり)
★Advanceコース<9時〜15時>
(以下の条件すべてに該当する場合、参加できます)
・Basicで週5日の参加が4週以上できている
・休職原因を認識している
・生活リズムが規則的である
・病気に対する理解ができている
・活動記録票を作成できる
・きちんとした話し合いができる
・自ら目標と計画を立てて実行することができる
・周囲に配慮した行動ができる

★Advanceコースは3ヶ月で修了です。
修了証をお渡しするには、95%以上の出席率が必要です。

プログラムについて

   
Advance
9:00
朝会
朝会
朝会
朝会
朝会
9:30
認知行動
交流分析
認知行動
アサーション
ストレス・マネジメント
11:00
復職プログラム
復職プログラム
復職プログラム
復職プログラム
復職プログラム
12:00
昼食プログラム
昼食プログラム
昼食プログラム
昼食プログラム
昼食プログラム
13:00
ナラティブ
ヨガ
作業療法
キャリア
グループディスカッション
14:30
夕会
夕会
夕会
夕会
夕会
Basic
15:00
復職準備プログラム
ヨガ
行動活性化療法・心理教育
コミュニケーション
SST

くわしくは、当院リワーク・プログラムのスタッフまで