スポーツマウスガード、スポーツマウスピース、




スポーツマウスガード!!


スポーツマウスガード



≪スポーツ中のトラブルから大切な歯やお口を守りましょう≫


〈スポーツマウスガードとは〉

 林田歯科診療所の近隣には小中学校がたくさんあり、毎日児童生徒のみなさんが治療に訪れています。ただ残念なことに、そのうちの何人かはクラブ活動などのスポーツ中に歯を折ってしまったり(抜けてしまったり)、口の中を切ってしまったりと、本来自分の体や心を鍛えるために頑張っているスポーツで、ケガをしてしまっているのです。そんな悲劇から大切な歯やアゴなどを保護するのがスポーツマウスガードです。スポーツ中の衝突、転倒、器具の接触などによる激しい外力から、アゴや口の周りに受ける衝撃を緩和し、歯の破折やアゴの骨の骨折、顎関節の損傷、舌・口唇・頬・歯肉などの口腔軟組織の外傷を予防軽減する目的で口の中に装着するマウスピースです。ボクシングやラグビーの選手が試合後などに口からボロッと出す、あれです。

〈スポーツマウスガードの効果〉

 先の説明と重なりますが、効果をまとめてみます。いろいろ考えられます。
(1)歯の破折や脱臼(抜けること)の防止
(2)舌、口唇、頬、歯肉など口腔軟組織の損傷の防止軽減
(3)アゴの骨や顎関節の損傷の防止
(4)食いしばりによる歯の欠け、ヒビの予防
(5)アゴを介しての衝撃による脳震盪や頚椎損傷の防止軽減
(6)装着している安心感により積極的なプレーができる、リラックスして集中力が増すなどの心理的効果や、装着により筋力や瞬発力が向上するといった報告もあります。
 すべてのケガを完全に予防することは出来ませんが、スポーツマウスガードの装着により、ダメージを最小限に抑えることは可能です。

〈スポーツマウスガードが有効なスポーツ〉

 すべてのスポーツに対して有効ではありますが、特に効果的に装用できる種目は以下のとおりです。
(1)競技中に相手と激しくぶつかる可能性のあるスポーツ
 サッカー、ラグビー、バスケットボール、アメリカンフットボールなど
(2)器具やボールがぶつかる可能性のあるスポーツ
 野球、ホッケーなど
(3)瞬間的な食いしばりにより、歯の強い力のかかるスポーツ
 ウェイトリフティング、綱引き、ゴルフなど
(4)格闘技に近いスポーツ
 空手、少林寺拳法、柔道、レスリング、ボクシングなど
(5)転倒やバランスを崩すことにより、顔面をぶつけてしまう可能性のあるスポーツ
 体操、陸上、スキー、スケートなど

〈スポーツマウスガードの種類〉

 スポーツ店などで販売されている、既製品の『レディメイド』と、歯科医師によって精密に採得された個人ごとの歯型から作られる『カスタムメイド』があります。『レディメイド』は概形があらかじめ決まっており、熱湯で軟化したものを自分の口の中に入れ、手早く歯に押し付けて作ります。適合の悪さは否めず、「外れやすい」「話しづらい」「(砂などの)異物が入りやすい」「つばを飲み込んだり吐いたりしづらい」といった不具合が多く、また咬み合わせや顎関節に悪い影響を及ぼすこともあります。これに対し、『カスタムメイド』は、個人ごとの歯型に加熱〜軟化した材料(樹脂製のプレート)を圧接、さらに真空吸引して作製しますので、適合性はバツグンです。『レディメイド』にみられる不具合はほとんどありません。適合の良さはすなわち装着時の快適さにつながり、安心してスポーツに集中する事ができます。

〈スポーツマウスガードを作るには〉

 林田歯科診療所では、(当然ですが)『カスタムメイド』で作ります。通常、作製には2〜3回程度の来院回数が必要となります。ただし、大きな虫歯や著しい歯肉の病気がなく、原則として一通りの歯科治療が完了している事が前提です。場合によってはスポーツマウスガードの作製まえに、歯の治療を済ませていただくこともあります。
 〔1回目〕お口の中に問題がないか診査し、歯型の採得をおこないます。次回までにスポーツマウスガードを作製しておきます。
 〔2回目〕できあがったスポーツマウスガードを実際にお口の中に装着してみます。細かな調整をおこない、注意事項等説明します。専用の保管ケースとあわせてお渡しいたします。
 〔3回目〕適合や装着感に気になるところがあれば、再度調整をおこないます。

〈スポーツマウスガードの費用〉
 
 スポーツマウスガードは健康保険の適用外です。

 一般・大学生  ¥8000(税込み)
 中学・高校生  ¥6000(税込み)健全なスポーツを推奨するための割引価格です。
 
 ※※いずれも専用の保管ケースつきです。
 ※※カラーは10色(白、黄、緑、黒、橙、蛍光緑、蛍光橙、蛍光青、蛍光黄、クリアー)からお選びいただけます。

〈スポーツマウスガードに関する注意事項〉

・スポーツマウスガードは衝撃を吸収するものですから、装用により擦り減ったり裂けてきたりします。傷んだまま使いますとお口の中を傷つけてしまうことがありますので、そういった場合は補修や再製作が必要になります。
・使用する方のお口の中の環境の変化(アゴの成長、乳歯から永久歯への生えかわりなど)によっても合わなくなってくることがあります。 
・保管状態によっても合わなくなってしまうことがありますので、必ず専用のケースに入れ、熱や直射日光を避けてつぶさないように保管してください。
・競技(練習)中以外は外してください。装着したままの飲食は絶対にしないでください。
・その他、歯科医師の指示を守ってご使用ください。