はまだ皮ふ科クリニック/当院のご案内


はまだ皮ふ科クリニック/診療方針



当院では、患者さんが満足し安心できるよう、
1)丁寧にわかりやすい説明
2)正確な診察、診療
をモットーに親切で心のこもった医療サービスを心がけています。


診療科目

皮膚科,アレルギー科,形成外科

診療受付時間

診療時間
 9:00〜12:30
14:00〜18:00
▲土曜午前 9:00〜13:00

【休診日】土曜午後・日曜・祝日


院内・診療設備など



【ナローバンドUVB療法(光線療法)について】

狭い波長による光線治療で、欧米では一般的に使われています。
難病の皮ふ病『乾癬(かんせん)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、白なまずなど』を対象にしており、従来のPUVAやブロードバンドUVBに比べて、皮ふの赤みなどの副作用が少なく、また光線治療のためのくすりをのんだりぬったりする手間も必要ありません。
また、内臓への影響もありません。

【ケミカルピーリングについて】

当院では、医療機関でしか取扱できないpH調整をした、薬品を使用しています。
くすみ、にきび、こじわ、肌のきめの改善に効果があります。
治療プログラムは、患者様のお肌の状態や治療回数に合わせて1〜2週間に1度のペースを目安として下さい。1回の治療時間はおよそ30分程度です。
この回数はあくまで目安としております。次のピーリングを受けていただくかは毎回患者様にお決め頂いております。
このように当院では、患者様と常に向かい合い安全で確実なピーリング治療を行なっておりますので是非ご相談ください。

【手術について】

当院ではほくろ、皮膚腫瘍、巻き爪などの手術も行なっております。
巻き爪についてはご希望に応じて爪を切らない手術も行っています。

また、最近日本でも高齢化に伴って、皮ふがんが増える傾向にあります。
皮ふがん早期発見のためにも定期的な受診をお勧めいたします。

その他母斑(あざ)についてもお気軽におたずね下さい。





【イオントフォレーシスについて】

健康な肌を保つために必要なビタミンCなどを電流によってイオン化し、充分にお肌へ補う方法です。
にきびあと、しみ、炎症のあとのくろずみ、肌のきめの回復に有効です。
肌の血液循環や弾力の回復に、プラセンタエキスによるケアもご希望に応じて行っています




【医療用レーザー脱毛について】

当院ではアジア人の肌に合わせて作られた医療用レーザーを使用しています。 レーザー脱毛は、従来の1本1本毛根に刺して行う電気針による脱毛に比べて、痛みも少なく、また麻酔も必要ありません。十分な脱毛のためには、毛の生えるサイクルに合わせて、数回繰り返しての照射が必要です。
なお、照射後はしばらく強い日光はさけてください。

お悩みの方はカウンセリング(無料)をお受け下さい。



特色とする治療方法など

当医院では、最先端の診療をご提供しつつ、患者さんの生活の質(Quality of Life)を損なわない治療を目指しています。