医師のご紹介

ご挨拶


私達の皮膚は厚さ1ミリにも満たない薄くてデリケートな膜です。全身を覆っていてその面積は畳1枚分もあります。火傷などでその30%が失われると生命の危機に陥ります。また、皮膚は内臓を映す鏡ともいわれています。皮膚に生じたもの何でもご相談ください。
難病や皮膚癌などの検査、入院が必要な病気は大学病院、主要病院にご紹介いたします。
診察時には病気に関する説明をメモにしてお渡しいたします。
皮膚病以外にもレーザー、ピアス、美白に関しても気楽に声をかけてください。

経歴

昭和52年 杏林大学医学部卒
 同年5月 医師免許取得
 同年5月 杏林大学病院皮膚科入局
昭和54年 杏林大学病院皮膚科助手
昭和57年 皮膚科専門医
昭和60年3月18日開院
平成6年〜10年
     日本臨床皮膚科医学会常任理事
平成6年〜 千葉県皮膚科医会幹事

専門とする疾患など

皮膚科は標榜科目としてそれ自体が専門性を有しています。内科でいうと呼吸器とか循環器・消化器などを標榜するのと同じです。最近、より専門性を患者さんに示すことが患者さんのためになり利益となることが言われるようになってきています。たくさんの科を標榜することは何が専門かわかりません。皮膚科単独の標榜は皮膚のことは何でも、赤ちゃんからご老人まで、任せて下さいということです。

所属学会・認定医など

日本皮膚科学会
日本臨床皮膚科医学会
日本医真菌学会

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

スタッフのご紹介

 午前と午後ではスタッフが入れ替わります。年齢不祥ですが全員主婦です。
 何でもわからないことはスタッフに気楽に声をかけてください。