小児科医から・・・

赤ちゃんの「でべそ」、低身長、思春期外来、子どもの心

子どもの予防接種

ワクチンで防げる病気があります。

子どもの便秘

子どもの便秘は改善させることが可能です。便秘で困ったらご相談くださいね!

パパ・ママからの声

患者様から当院への声です。ご意見をお寄せ頂いたたくさんのパパ・ママに感謝申し上げます。

おねしょ、スッキリ

おねしょの相談や治療しています。

小児かかりつけ医をもちましょう

継続して受診すれば一味違う医療を受けることができます。

小児かかりつけ医をもちましょう

子どもの「小児かかりつけ医」をもちましょう(1)

医者でも自分の子どもが病気になれば慌ててしまうものです。ましてや、お母さん、お父さんや家族の方が、子どもの病気でビックリするのは当然で、お気持ちはよくわかります。

日本では一つの病気で、異なった医院・病院や科を受診される方がいますね。しかし、アメリカやヨーロッパは、決まったお医者さん、つまり「かかりつけ医」を受診します。。。。。

いくつかの医院・病院にかかり、それぞれの医院・病院から、いくつかの薬をもらい、合計すると多数の薬を飲んでいた子どもがいます。

子どもの病気の多くはいろんな事が関連して起こる場合が多く、症状で医院や医者を変えていくのは、いいとは思いません。

いつも同じ先生、つまり「かかりつけ医」を決め、まずそこで何でも相談する。他科で診てもらいたい時や診てもらう必要がある時は、きちんと紹介してもらう。

「かかりつけ医」との間に特別な契約は不要です。

「かかりつけ医」は、あなたの子どもの体の特徴や性質を理解するようになり、多くの病気に対し、その子に合った最善の治療をしていくでしょう。
思春期も対応しています。


子どもの「小児かかりつけ医」をもちましょう(2)

・「小児かかりつけ医」を決めて。思春期もOKです。

・継続して「かかりつけ医」に受診すれば、これまでと違った医療に巡り合うことができると思います。「小児かかりつけ医」は、子どものすべての病気に対応する事ができます。

・医療費は無料のまま。特別な契約も不要です。

●子どもの病気のホームケアの方法、アレルギー疾患・アトピー・喘息などの治療を、計画的にできます。

●不必要な薬はできるだけ使わないようにできます。

●子どもの皮膚、子どもの耳や目などの病気に対しても「小児かかりつけ医」として対応します。

●子どもの「心の相談」、「子育ての悩みの相談」を行っています。

●予防接種に関して年齢に応じた相談ができます。

●「小児かかりつけ医」として電話による問い合わせにも、まだまだ不十分ですが対応しています。当院が対応できない夜間は、小児救急電話相談「#8000」で対応します。つながらない場合は「052-962-9900」で対応します。