医療法人社団 青島眼科トップページへ

医療法人社団 青島眼科の医師のご紹介

医療法人社団 青島眼科のご案内

医療法人社団 青島眼科までの交通案内

医療法人社団 青島眼科初診の方へ

リンク集

医療法人社団 青島眼科院内・診療設備など

【診療設備】
■網膜断層撮影装置 (OCT)
SS-OCT(トプコン社製DRI OCT Triton)
最新のOCTで網膜疾患、緑内障等の正確な診断を行なうことができます。







■超音波白内障手術装置
(アルコン社製 センチュリオン ビジョン システム)
最新の白内障手術装置で、従来に比べてさらに安全に手術を行うことができます。






■超広角眼底カメラ
(optos社製 超広角SLO California)
網膜の広い範囲を、散瞳なしで撮影することができるようになった画期的な眼底カメラです。糖尿病網膜症、網膜剥離などあらゆる網膜の病気の診断、経過観察に非常に有効な検査装置です。 


■前眼部OCT・角膜形状解析装置
(TOMAY社 CASIA2)
目に接触することなく、角膜の精密な形状や、水晶体までの断面像を撮影する最新式の検査装置です。



■ウエーブフロントアナライザー(トプコン社製KR-1W)
目の中に届く光を分析して、見えにくさの原因を調べる装置です。角膜の歪みや、白内障による見にくさなども調べることができます。 




■超高解像度広角眼底カメラ
(CenterVue社製 広角眼底LED共焦点スキャナー EIDON)
眼底中心部の網膜の写真を非常にきれいに撮影することができる装置です。糖尿病網膜症の経過観察、網膜中央部分の病気などの経過観察に使用します。


■手術用顕微鏡(ライカ社製 F844 F40)

■乱視眼内レンズ用画像表示システム 
(アルコン社製 VERION)
世界最高水準の解像度を誇る手術用顕微鏡が安全な手術に貢献します。また、乱視眼内レンズ用の画像表示システムにより、精度の高い乱視用レンズの挿入が可能となっています。

■自動視野計(カールツァイス社 ハンフリー フィールドアナライザー HFA Ⅲ)
緑内障の診断、経過観察をするための装置です。3台の装置を設置しており、予約なしで視野検査を行うことができます。




■調節機能解析装置
(ニデック社製 調節機能解析装置 AA-2)
眼精疲労、老眼の程度などの調節の状態を精密に測定できる装置です。調節に関係したさまざまな病気の診断をすることができます。







■超音波診断装置(エコー)
(NIDEK社製 US-4000B)
角膜や、眼の中の濁りが強くて眼球内が見えないときに、超音波を利用して断層撮影をするための装置です。





■画像ファイリングシステム
検査データを分かりやすく説明できます。

■光学式眼軸測定装置
白内障手術のレンズ度数を正確に測定します。
■レーザーフレアーメーター
眼の中の炎症を正確に測定します。

■パターン網膜凝固装置(トプコン社製パスカル)
糖尿病網膜症、軽度の網膜剥離などの治療を行います。
従来より短時間で、痛みも少ない治療が可能です。

■YAGレーザー装置
緑内障、白内障術後の治療を行います。